写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ファッション通販サイト「夢展望」を運営する夢展望は、 全国の10代〜40代の女性410名を対象に、「勝負下着」に関する意識調査を実施し結果を発表した。調査期間は7月23日〜8月4日。

○女性の9割が勝負下着アリ! 人気は白のセクシー系

「勝負下着を何セット持っていますか?」という質問をしたところ、「2セット(32.0%)」が最多で、次いで「3セット(22.0%)」「1セット(16.0%)」「5〜10セット(13.0%)」と続いた。また、勝負下着を持っていない人は9.0%、一方で11セット以上持っているという女性は4.0%と、勝負下着の枚数には個人差があるようだ。

続いて、どのような勝負下着が人気なのかを調査した結果、色は意外にも「白系(26.0%)」がトップで、続いて2位「黒系(23.0%)」、3位「赤系(20.0%)」となった。デザインは「セクシー系(45.0%)」と「キュート系(39.0%)」が人気。また、ショーツのタイプは「レース使い(41.0%)」が1位となり、2位は「ノーマル(24.0%)」という結果に。最も多く所持されている勝負下着のタイプは、「白系・セクシー系デザイン・レース使い」ということが明らかとなった。

○9割の女性が「勝負下着を恋人に褒めてほしい」と回答

「勝負下着を恋人に褒めてもらいたいですか?」と尋ねたところ、「はい(89.0%)」「気にしてない(10.0%)」「いいえ(1.0%)」と、およそ9割の女性が勝負下着を褒めてほしいと思っているとのこと。

実際に勝負下着を見せた時の男性の反応はというと、「喜んでくれた(38.0%)」や「褒めてくれた(29.0%)」といった回答が多く、 中には、「後日、リクエスト(同じ下着を着けてほしい)があった(9.0%)」とおねだりを受けた女性も。「一式1万以上の下着を、プロポーズされるとわかっていて、その日のデートで着ていったら、本当にプロポーズされた」、「普段柄が多いので白の綺麗めをチョイスしたら、すごく褒められ、それから使い分けるようになった」、「紐を着用したら、いつもより彼氏が大胆に。下着も一緒に買ったりできる夫婦になりました」といった幸せエピソードが多数寄せられた。

一方、苦い経験をしたという女性からは、「彼氏と初めて旅行に行ったとき、勝負下着と言えば赤のイメージがあったので、真っ赤な下着を着けていったら、逆に引かれました(笑)」、「セットで5万の下着を買ったものの、ショーツのレース部分にネイルがひっかってボロ雑巾になってしまい、結局使えずじまいに終わった」、「紐パンの勝負下着を彼氏に見せる直前で、紐が切れたことがあります」といった悲しいエピソードが寄せられた。(「夢展望」調べ)

(アリウープ)