写真提供:マイナビニュース

写真拡大

国内最大級のコンピューターゲームの祭典「東京ゲームショウ2014」が18日、千葉県・幕張メッセにて開幕した。例年通り4日間開催で、18日と19日がビジネスデー、20日と21日が一般公開日となる。

今年で24回目を迎えた「東京ゲームショウ2014」は、昨年の352社から60社以上増えた421社(国内219社、海外202社)が出展。タイトル数も昨年の962タイトルから399タイトル増と大幅に増えて1,363タイトルに。注目は、10月11日に発売される任天堂の携帯ゲーム機『Newニンテンドー3DS』のお披露目、そして、同日に発売されるカプコンの『モンスターハンター4G』。カプコンブースでは、初のプレイアブル出展ということもあり、ビジネスデーにも関わらず開場直後から整理券を受け取る人が列を作っていた。

出展する各社ブースでは、これから発売を迎えるゲームタイトルの試遊機を設置。中でも、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の『PlayStation 4』とマイクロソフトの『Xbox One』と2社の新ハードが出揃った初のゲームショウということもあり、両ブースともに新作タイトルを多数出展している。VR技術を使用したソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)の『Project Morpheus』やOculus VR『Oculus Rift DK2』といった最新技術の体験ブースにも注目が集まっており、ビジネスデーの開場直後から業界関係者が足を運んでいる姿が見られた。

このほかに、インディーゲームコーナーやeスポーツゲーム協議会「Cyber Games Asia」、「東京ゲームショウ2014」終了後に行われるコスプレイヤーたちによるランウェイやパフォーマンス「Cosplay Collection Night @TGS」といったゲーム以外のイベントも見どころ。一般公開日の入場料は、一般(中学生以上)当日1,200円(前売り1,000円)、小学生以下は無料となる。また、会場でゲームをプレイすると非売品のノベルティがプレゼントされるブースもあり、一般公開日には混雑が予想される。なお、昨年の「東京ゲームショウ2013」総来場者数は過去最多となった27万人、単日で初の10万人超えを記録している。

(トランジスタ)