低身長になる難病 iPS実験でコレステロール低下薬「スタチン」の有効性確認

ざっくり言うと

  • 低身長や呼吸障害になる難病の治療に効果のある薬が、iPS実験で確認された
  • 高コレステロールの治療薬として広く使われる「スタチン」が有効とみられる
  • 2年以内に人に投与する臨床試験(治験)の実施を目指す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング