[アジア大会]イラクに敗戦のU-21代表、手倉森監督「優勝が絶たれたわけではない」

写真拡大

[9.17 アジア大会GL第2戦 日本1-3イラク 高陽]

 自身がU-21日本代表を率いて、初黒星を喫したのが今年1月に開催されたAFC U-22選手権準々決勝のイラク戦だった。そして、この年代の代表が12年のAFC U-19選手権でイラクに敗れていることも、重々承知している。だからこそ、試合前日に手倉森誠監督は「借りを返さない手はない」と闘志を燃やしていた。

 初戦クウェート戦の5-4-1から4-3-3にシステム変更した意図を「相手が前、前に早めに入れてくるのに対して、後ろ3枚で守るよりも、2CBにアンカーを置いた方がいい。競り勝てたときにセカンドボールを拾うことを考えればその方がいいという判断」と語った。そして、「これから勝ち上がっていくために、いろいろなものが見えたシステムチェンジでした」と、合宿でベースとして取り組んできた4-3-3に改めて手応えをつかんだようだ。

 しかし、「負けたのは残念」と語ったように、イラクにはまたもや勝てなかった。そして1-3と3点を奪われたことに対し、「失点に関しては気分は悪いです。取られたくないですから。ただ、いずれにしても自分たちが与えてしまった失点だと思います」とミスから生まれた失点を悔やんだ。

 イラクにはリベンジを果たせなかったが、大会が終わったわけではない。だからこそ、GL第3戦となるネパール戦でしっかり結果を残すことが重要になってくる。「自分たちは今日、悔しい思いをさせられました。ただ、今日負けて優勝が絶たれたわけではないし、1位通過を絶たれたわけではないので、そこを目指して勝ちに行きます」と、まずは決勝トーナメント進出のために次戦での必勝を誓った。

(取材・文 折戸岳彦)