[アジア大会]途中出場のU-21代表FW野津田「負けたので何も言えない」

写真拡大

[9.17 アジア大会GL第2戦 日本1-3イラク 高陽]

 ベンチから戦況を見つめていた男は、自身がやるべきことを頭に描いてピッチに立った。第1戦のクウェート戦で先発出場したU-21日本代表FW野津田岳人だが、第2戦のイラク戦ではベンチスタートに。「悔しさはもちろんありました」と口にしたが、「戦術的なものもありましたので、そこは特に意識しませんでした」と話した。

 1-1の同点で折り返した前半を野津田は、「押し込まれる時間帯もありましたが、そこまでイラクが怖いとは思わなかったし、しっかり戦えば後半はチャンスがあると思っていました」と話している。さらに、「ボールを後ろで回せていても、『間』で受けて前に経由できないシーンもあったので自分が入ったら『間』で受けて、そこから前に進んだり、サイドに散らしたりするリンクマンになれればと思っていました」と自身がピッチに立ったときのイメージを浮かべていた。

 そして、後半16分にピッチに送り込まれると「リングマンになれれば」との言葉どおり、サイドハーフの位置から下がってボールを引き出す場面を作り、攻撃にリズムを生み出そうと奮闘した。さらに交代直後にシュートを狙ったように、ゴールもどん欲に狙う。しかし、2点のリードを許した後半アディショナルタイムには際どいシュートを放ったものの、GKのセーブに遭ってネットを揺らすことはできなかった。

「ゴールを奪いに行く気持ち、前に前にという気持ちはより強かったので、それを示せたのは良かったですが、やっぱり最後を決め切れなかったので。それが本当に悔しかったです。思ったよりもやれたと思いますが、最後を決め切れなかったし、結果的には負けたので何も言えません」と悔しさをにじませた。

 しかし、試合後のロッカールームの雰囲気を「悔しさはもちろんありましたが、次の試合がすぐにあるのでチーム全体として切り替えていけると思いました」と語ると、「イラクともう一度当たることになったら絶対に勝ちたい」と次戦で決勝トーナメント進出を決め、再びイラクと対戦して雪辱を果たそうとしている。

(取材・文 折戸岳彦)