イケメン指導のワークショップも♪イクスピアリで「大道芸フェスティバル」

写真拡大

アミューズメントパークなどで見かける大道芸。その驚きのパフォーマンスには、つい足を止めて見入ってしまうもの。なかには、気軽に見物していたパフォーマーが、実は世界大会のチャンピオンだった、なんてことも!

9月20日(土)と9月21日(日)に行われる「イクスピアリ大道芸フェスティバル」では、そんな国内外で活躍する実力派のパフォーマーが集結! いつも、イクスピアリのストリートパフォーマーとしてそれぞれに活動しているメンバーに加え、個性豊かな13組のパフォーマーが揃うから、会場はとても華やかで「祭典感」もたっぷり♪

例えば、二本の縄を自在に使うダブルダッチの「カプリオール」は、世界大会で2度も優勝したギネス記録を持つパフォーマー。また、ディアボロ(中国コマ)の矢部亮さんは、なんとジャグリングの世界チャンピオン。そのほかにも、華やかなバルーンアートが楽しいダイアン吉日さんや、日本人では唯一のハンドバランスアクロバットを見せてくれる「サブリミット」など、多彩なパフォーマンスが見放題! さらに、両日とも最後には出演パフォーマーがすべて集まる「オールキャストショー」で、にぎやかに一日のフィナーレを飾るとか。

「会場では2日間ともに、無料のワークショップが体験できるので、大道芸に興味のある方はぜひ参加してみてください。特に、矢部亮さんが教えるディアボロのワークショップは、親切な指導とイケメンぶりで女性にも大人気です。ワークショップの30分程度の指導で、なにかひとつでもできるようになれば、さらに大道芸が楽しくなりますよ!」と、広報の鈴木さん。

パフォーマンスの公演スケジュールはWEBサイトでも確認できるけど、当日の会場やイクスピアリのインフォメーションでも配布されるそう。大道芸を楽しんだ後は、ワークショップで「かくし芸」をゲットする・・・芸術の秋、エンターテイメントを楽しむ秋の休日はいかが?