あさチャン 番組ホームページ http://www.tbs.co.jp/asachan/

写真拡大

17日放送の「あさチャン」(TBS系)で、アジア大会におけるサッカー U-21 日本男子の「アウェーの洗礼」について韓国のネットユーザーの反応を紹介した。

韓国・仁川で19日から開催されるアジアのオリンピックとも言うべき「第17回アジア競技大会」。球技はもちろん、陸上、柔道、水泳など36の競技が行われる。先行してサッカーは14日から競技が始まっており、初日に出場したU-21 日本男子は4-1でクウェートに勝利している。

番組では、サッカー日本男子の「アウェーの洗礼」と題し、対戦相手の本拠地で嫌がらせを受けたり事例や、環境の違いによる苦労を取り上げた。

この大会のために作られた選手村は30階建ての高層マンションで、大会閉幕後は新築マンションとして売却予定であると伝える。

ところが、実際にはエレベーターの故障で居室の22階まで階段を上り下りしている(U-21代表 鈴木武蔵選手)、浴槽の排水が故障してしまいトイレの方でシャワーを浴びている(同じく鈴木選手)、全部屋にクーラーないため扇風機で過ごすといった問題が紹介された。

さらに、サッカーの練習施設にはロッカールームやシャワー設備もなく、U-21代表 手倉森誠監督の「シャワーも浴びずに帰るのは高校生以来だな」というコメントも紹介。

このトラブルについて、韓国国民はどう受け止めているのかをインターネットで調べてみたところ「負けた時の言い訳になるよ」「不満なら近くのホテルに泊まればいいんじゃない」というコメントや、「これはちょっとやりすぎだよ」「そうやって相手を弱らせようなんてひどすぎる」「選手村の辺りは蚊が多い、エアコンもなく網戸もなかったら大変だ」「こんなんなら開催しない方がましだった」といった酷すぎるというコメントが大勢を占めていると伝えた。

この一連のトラブルは日本選手の宿舎だけがこうなっているわけではないとし、スポーツライターの戸塚啓氏の「先進国ではまずないが、それ以外の国ではよくあること」「結果を出すためには若いうちからこういう経験をするのは悪くない」というコメントも交えた。

【関連記事】
サッカーW杯で本田圭佑がスタメン落ちの香川真司にかけた男前な言葉
ザック通訳の矢野大輔氏、ブラジルW杯メンバー発表後に落選した選手に電話していたことを明かす
日本代表選手から世界のレジェンドまで サッカー選手使用スパイクまとめ