写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マイナビニュースでは、喫煙者の男女235人に対して「両親とタバコ」に関するアンケートを行った。同調査は同サイトを利用している読者を対象とし、9月12日〜9月17日に実施。

○調査結果の概要

・喫煙者の内「両親共に喫煙者だった」あるいは「どちらかが喫煙者だった」人の合計は約7割だった。・「両親の喫煙が、あなたの喫煙に影響を与えていると思うか?」という問いには29.4%が「思う」と回答

まず「あなたの両親はたばこを吸っていますか?」と聞いたところ、「両親ともに吸っている(た)」と答えた人が14%、「父親が吸っている(た)」と答えた人が52.3%、「母親が吸っている(た)」と答えた人が3.4%。「両親共に喫煙者だった」あるいは「どちらかが喫煙者だった」人の割合の合計は約7割で、「どちらも吸っていない」の29.4%を引き離した。

この数値は平均と比べるとどうなのであろうか。厚生労働省が実施した『国民健康・栄養調査』によると、男性の喫煙率が平成24年では34.1%、女性の喫煙率は9.0%。喫煙率は徐々に低下傾向にあり、最新の数値との比較では一概には言えないが、今回の調査で出た「喫煙者の両親の喫煙率」は、最新の平均値よりは高い結果が出たと言えるだろう。

一方で、「ご両親の喫煙が、あなたの喫煙に影響を与えていると思いますか?」と質問をしたところ、「思う」が29.4%、「思わない」が43.4%、「分からない」が27.2%という結果だった。喫煙者の両親がたばこを吸っている割合は平均より高い数値が出たものの、おおよそ半数の人たちは「両親から影響を受けたわけではない」と思っていることがわかった。

とはいえ「分からない」と答えた人が27.2%にのぼるところから類推すると、その中には潜在的な影響を受けている人はいるかもしれない。

以下フリーアンサーを見ていこう。

○両親が「吸っていた」みなさんのフリーアンサー

たばこを吸う両親を見て:「子供の頃はタバコ臭くて嫌でしたが、自分が大人になり、両親のように吸うようになっちゃいました」両親の喫煙が自分に与えた影響は:「親がおいしそうに吸っていたので、興味津々大人になってから吸ってみたのがきっかけ」(女性/東京都/47歳)

たばこを吸う両親を見て:「かっこいいと思った」両親の喫煙が自分に与えた影響は:「親からすすめられました。その銘柄が今も大好きです」(男性/埼玉県/26歳)

たばこを吸う両親を見て:「吸ってみたいと感じていた」両親の喫煙が自分に与えた影響は:「幼いころからタバコに興味を持ったため」(男性/千葉県/24歳)

また、両親が「吸っていなかった」方の回答を見ると

「両親よりも周りの友達などに影響されると思う」(男性/東京都/48歳)「友人の影響で吸い始めたので、両親は全く関係ないから」(女性/兵庫県/37歳)など、友人関係が喫煙に与える影響を指摘する声が多く見られた。あなたはどう思っただろうか?

調査時期: 2014/09/12〜2014/09/17アンケート名:【喫煙者限定】喫煙と両親の関係にまつわるアンケート調査対象: マイナビニュース会員調査方法: インターネットログイン式アンケート

(増田町)