8月30日から9月14日にかけてスペインで開催されていたFIBAバスケットボール・ワールドカップは、アメリカの2連覇で幕を閉じた。MVPに選ばれたのは、ポイントガードのカイリー・アービングだ。

 アービングはデューク大学時代のヘッドコーチ、マイク・シャシェフスキーの言葉にいつでも耳を傾ける――。

 2011年6月にクリーブランド・キャバリアーズからドラフト全体1位で指名されたころ、アービングは翌年のロンドン五輪にオーストラリア代表で出場することを真剣に考えていた。オーストラリアで生まれた彼は、アメリカとオーストラリア両方の国籍を持っていて、どちらの国から代表として出るかを選ぶことができる。そのころのアービングにとっては、選手層の厚いアメリカで代表になるより、オーストラリア代表のほうが現実的な話に思えたのだ。

 そんな彼に、オーストラリア代表として国際大会に出るよりも、アメリカ代表になれるチャンスを待つようにアドバイスしたのが、アメリカ代表のヘッドコーチでもあるシャシェフスキーだった。

 シャシェフスキーは、アービングに言った。

「君はこの先、アメリカの五輪代表になるぐらい、良い選手になれる。だから今は、その権利を手放さないほうがいい」

 その後、シャシェフスキーも2016年のリオ五輪までのアメリカ代表ヘッドコーチ続投を決意。つまり、再びコーチと選手として、タッグを組む可能性が出てきたわけだ。最後にはそれが後押しとなり、アービングはオーストラリア代表を辞退してアメリカ代表に選ばれる可能性に賭けた。

 そして2014年――。NBAに入って3年が経ち、新人王を獲得し(2011−12シーズン)、今年2月のオールスターでMVPに選ばれたアービングは、2014年ワールドカップに出場するアメリカ代表候補入りを果たした。すると、7月の代表キャンプを前に、シャシェフスキーが何度もアービングに電話してきたという。

「コーチが電話してきて、そのたびに、『身体はできているか?』と聞いてくるんだ。少しプレッシャーだったよ」と、アービングは振り返る。だが、そんなプレッシャーが効いたのか、キャンプ初日から万全のコンディショニングでキャンプをスタートすることができた。

 もっとも、7月末にキャンプが始まった時、アービングの代表ロスター入りは決して保証されたものではなかった。何しろ、彼がプレイするポイントガードは、今回のアメリカ代表候補の中で最も選手層の厚いポジション。2010−11シーズンMVPのデリック・ローズ(シカゴ・ブルズ)を筆頭に、リーグ屈指の一流シューターであるステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)、さらにはアービングの翌年に新人王となったダミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)や、2010年ドラフト全体1位指名のジョン・ウォール(ワシントン・ウィザーズ)もいる。

 それでも、ラスベガス、シカゴ、ニューヨークとキャンプを重ねるにつれて、ローズやカリーとともにロスター候補として浮上するようになってきた。そして、最終的にアメリカ代表のスターティング・ポイントガードに選ばれたのは、アービングだった。

 大会前、スターターに抜擢されたことについて聞かれるたび、アービングはこう答えている。

「コーチがチームのために必要だと思うことは、何でもやるつもりだ」
「チームが勝つためなら、どんなことでもやる」

 スターターに選ばれた彼は、常にチーム第一の姿勢を強調した。平均年齢24歳と若い今回のアメリカ代表の中でも、アービングは下から3番目に若い22歳。それでも、NBA3シーズンの経験によって、チームを率いるために必要なリーダーシップは身に付けつつあった。そして、ワールドカップが始まると、アービングのリーダーシップはさらに強さを増していった。

「全員で戦う心構えができた状態をキープできるよう、チームメイトたちが必要なことを何でもするようにしている。それは、たとえばアドバイスだったり、励ましだったり、リバウンドやスティールを取ろうとするプレイだったり......。すべてを請け負う気持ちでワールドカップを戦っているんだ」

 若いアービングがチーム内でリーダーシップを発揮するにおいて、ヘッドコーチのシャシェフスキーと大学時代からつながっていることも大きかった。アービングは大学1年終了時にアーリーエントリーをしたため、デューク大に在籍したのはわずか1シーズン。しかもシーズン中の故障によって、大学では11試合しか出場していなかった。

 だからといって両者の関係は、決して薄いものではない。シャシェフスキーが「(大学では)彼を長くコーチする機会はなかったが、私たちはいつでも特別な関係だ」と述べると、アービングも「コーチは僕にとってメンター(恩師)。毎日、話をするんだ」とコメント。たしかにワールドカップ期間中、ふたりはヘッドコーチとポイントガードとして、頻繁に会話をしていた。毎日、ふたりでチームを築き上げていこうと話していたという。

「当初、僕ら(アメリカ代表の選手たち)はあまりお互いのことを知らなかった。でも、毎日少しずつ、関係を築き上げてきたんだ」

 そうして試合ごとに築き上げられたアメリカ代表は、毎試合20点差以上をつけて勝ち続けた。そしてワールドカップ決勝戦でも、強豪セルビアを相手に129対92の大差で勝利。目標としてきた大会2連覇を達成した。また、決勝の大舞台でアービングは3ポイントシュート6本を全部決め、26得点・4アシストをマーク。大会を通しての活躍が認められ、見事ワールドカップMVPに選ばれた。

 試合後、アービングは「これまでの僕の人生で、一番達成感があることだった」と、ワールドカップを振り返った。そして、「仲間たちとこの先の人生、ずっと続くような関係を築くことができた。彼らとともに金メダルを取れたことが嬉しい」と、アメリカ代表の一員になれた喜びを素直に述べている。

 ワールドカップが終わり、選手たちは再びNBAの世界に戻る。今夏の補強でレブロン・ジェームズ(前マイアミ・ヒート)とケビン・ラブ(前ミネソタ・ティンバーウルブズ)を加えたキャブスは、いきなり優勝候補となった。そんな所属チームの劇的な変化について、アービングはこう語る。

「どういうシーズンになるのか、みんな勝手に想像しているけれど、実際に試合をするまでは誰にも分からない。ただ、アメリカ代表でやったように、勝つために必要なことは何でもやる。クリーブランドに戻っても、同じ考え方でプレイすることが大事だ」

 カイリー・アービング、22歳――。ワールドカップで勝ち方を学んだ若きポイントガードが、キャブスの新しい未来を作る。

宮地陽子●文 text by Miyaji Yoko