地場スーパーが倒産 → 1万3千人の買い物客が債権者となる異例の事態が発生

ざっくり言うと

  • 大阪府南部で展開する地場スーパー倒産をめぐり、異例の事態となっている
  • 客の釣り銭をカードに記録し、一定額を上回るとギフト券と交換していた
  • 破産手続きでは債権者へ債権額の配当があるが、少額だと見込みは低い

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング