自転車でアソブ楽しさを子供たちにも

写真拡大

ブリヂストンサイクル(埼玉県上尾市)は、ジュニア用プレイバイク『BWX(ビーダブリューエックス)』を9月中旬に全国発売。

最近は健康や環境への意識から自転車を移動手段として使用するだけではなく、遊びの手段として楽しむ大人が増えてきている。それを子供たちにも広げようと開発したのがジュニア用プレイバイクだ。

『自転車でアソベ!』をキーワードにかかげ、「軽量オクタゴン(八角形)アルミフレーム」「2.4インチファットタイヤ」を搭載し、従来のジュニア用自転車にはない乗る楽しさと走行性を実現している。

フレームにBWXのロゴを大きくデザインし、サドルにはデジタルカモグラフィックをあしらうことで、子供たちがワクワクするようなワイルドでタフな印象を与えている。

さらに、ヘッドランプはアウトドアでランタンとして利用できる着脱可能なグレネードライトを採用。いつもお気に入りのBWXと一緒の気分を味わうことができる。

アルミフォーク&ディスクブレーキ採用の「ELITE(エリート)モデル」4万3000円(税別)、スチールフォーク&Vブレーキ採用の「STREET(ストリート)モデル」3万3000円(税別)の2車種を用意した。