iOS8対応アップデート

写真拡大

アップルのスマートフォンOS“iOS 8”だが、リリースを9月17日と発表。つまりもうすぐリリースされるのだが、日本時間の16日から各アプリが“iOS 8”への対応のためのアップデートを開始。
『GREE』アプリに『Yahoo!ニュース』アプリ『Googleマップ』など各種アプリが対応したようだ。

つまりあと数時間で“iOS 8”がリリースされることになる。
昨年9月19日にリリースした“iOS 7”は深夜にリリースされたが、今回ももしかしたら深夜にリリースされる可能性がある。

変更点は強化されたカメラモードに編集機能、そしてTimeLaipseの間引き動画などが撮影出来るなど変更点が行われている。

ブラウザのSafariはスマートフォンモードとPCモードを切り替えることが可能で、スマートフォンに最適化されたサイトを強制的にPC画面で閲覧することが可能になった。これは『iPhone 6 Plus』で重宝しそうである。
そのほかメールの操作もかなり変更されておりスワイプ操作だけで容易に削除が可能となった。

過去に“iOS 8”βを導入した記事を公開したので詳しくはそちらを参照してほしい。

先日発表されたばかりの“iOS 8”を早速インストール! 意外と多い変更点
http://getnews.jp/archives/592179


iOS 8

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。