菅野&小泉がディズニー声優に、「ベイマックス」日本語吹替に決定。

写真拡大

12月20日より公開となるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ最新作「ベイマックス」の日本版キャストに、菅野美穂と小泉孝太郎が起用され、ディズニー声優初挑戦することがわかった。

本作は、幼くして両親を亡くし、最愛の存在であった兄タダシをも謎の事故で亡くしてしまったひとりぼっちの天才少年ヒロと、心とカラダを守るために作られたケア・ロボットの“ベイマックス”が繰り広げる感動アドベンチャー。

菅野が演じるのは、亡き両親に代わり、主人公ヒロとタダシの甥っ子たちに無条件の愛情を注ぎ込む母性愛に満ちたキャラクターのキャス。自慢の天才甥っ子たちのことを心から考えサポートする、とても面倒見がいい姉御的な存在で、その元気さが魅力だが、問題ばかり起こす彼らの扱いには手を焼いていた。兄を失ったヒロの喪失感を埋めようと、自身の悲しみを脇に置き、つとめて明るく接し続ける。

菅野は「ベイマックスが、東京と似た風景の中で、どんな活躍を見せてくれるのか、とても楽しみです。声のみでの演技で難しいと思いますが、新鮮な気持ちで演じられたらと思います」と喜びと意気込みを語っている。

ベイマックスの製作者であるヒロの兄・タダシを演じるのは、自身も弟を持つ小泉。タダシは両親を失って以来、まだ幼かった弟ヒロを何よりも大切に守ってきた。また、ヒロがその天才的な頭脳を発揮できるよう正しい道に導くのも、同じくロボット開発にいそしむタダシの役目だった。そんな彼が人々の心とカラダを守るために作ったケア・ロボット“ベイマックス”は、兄の死に深く傷ついたヒロの心をケアしようと、タダシに代わるようにヒロに寄り添う。

小泉は「タダシが世の中の幸せを願って開発したケア・ロボットのベイマックスという存在に、大きなスケールを感じました。声優は初めての挑戦なのですが、彼がベイマックスに込めた思いや深い愛情を伝えられるよう、頑張りたいと思います」と語り、声優初挑戦ながら全力で役作りに望んでいることが伺える。

ディズニー・アニメーションにおいては、声もキャラクターの一部であるという考えから、世界中の吹替え声優の声質やイメージは米国本社の厳しい審査を経て決定となる。「アナと雪の女王」では、松たか子が歌う“レット・イット・ゴー〜ありのままで〜”の歌声が、各国別の言語で歌われているのにもかかわらず、声質やキャラクターのイメージが統一されていることが大きな話題となった。

最新作「ベイマックス」においても、菅野と小泉、それぞれ厳しい審査を経てキャスとタダシの声優に決定しており、それぞれの演じるキャラクターにイメージがぴったりなことは折り紙つきだ。

そんな2人の声優決定を知ったドン・ホール&クリス・ウィリアムズ両監督は「キャスとタダシのイメージにピッタリだね!日本へは特別な想いがあるし、美穂と孝太郎の日本語版を楽しみにしてるよ。東京国際映画祭で是非彼らに会いたいね!」とラブコールを送る。

彼らの言葉にあるように物語の舞台となる街“サンフランソウキョウ”は、サンフランシスコの地形に日本の文化や風景が融合された架空都市で、またベイマックスの顔も日本の鈴にインスパイアされて作られるなど、徹底的に日本をリサーチし、「ディズニーから日本へのラブレター」と言われる作品。そんな本作は第27回東京国際映画祭のオープニング作品に選出され、“日本での公式上映が世界最速”となり、ディズニー・アニメーション史上初のワールド・プレミアが東京で行われることも決定している。

☆声優キャスト起用の理由(ディズニーより)

◎菅野美穂(映画声優初挑戦)

菅野さん演じるキャスは、両親のいないヒロとタダシに限りない愛情を注ぎ、常に2人を見守る重要な役どころ。また二人の亡くなった母親の妹です。底抜けに明るく天然なところがとてもチャーミングで、料理が得意な姉御肌。彼女の愛嬌や元気さが、ヒロとタダシの支えであり、ストーリーの中でも大きな魅力にもなっています。

日本語版でも、オリジナル版が持つ、女性の可愛らしい明るい天然さと、深い愛情を感じさせることができる方にお願いしたいと思いました。今回、キャスの周囲を元気にしてしまう底抜けの明るさと、大きな愛情で周囲を温かく見守る女性的な優しい姿が、菅野美穂さんのイメージに重なり、オファーさせて頂きました。

◎小泉孝太郎(声優初挑戦)

小泉さん演じるヒロの兄のタダシは、仲間や教授からの人望厚い、工科大学に通う研究熱心な学生です。そして、世の中の人々の幸せを守りたい一身でケア・ロボットの“ベイマックス”を開発し、そのベイマックスに、最愛の弟・ヒロへの“ある思い”を託す、重要なキャラクターです。

日本語版でも、オリジナル版が持つ、誠実で誰にでも心底愛され、最愛の弟への愛情深いキャラクター性を自然に感じさせられる方にお願いしたいと思いました。今回、誠実でヒロへの愛情溢れるタダシのイメージが、ご自身も弟を持つ兄である小泉さんと重なり、離れても強く繋がり続ける兄弟の絆を体現できる唯一無二の方と思い、オファーさせて頂きました。

「ベイマックス」は12月20日(土)より全国ロードショー。