「るろ剣」3日間で興収13億円、前編の勢いそのままに後編も好スタート。

写真拡大

映画「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」(配給:ワーナー・ブラザース映画)の後編「るろうに剣心 伝説の最期編」(佐藤健主演/大友啓史監督)が9月13日(土)に全国334劇場435スクリーンで公開され、初日3日間で103万4,988人を動員、興行収入は13億円を突破した。

また、初日2日間の興行成績は、71万7,948人を動員、興行収入9億1,947万9,200円で、土日オープニング成績では邦画、洋画を問わず今年度国内No.1記録となっている。

土日2日間の興行収入9億円超えは、実写邦画としては2010年「THE LAST MESSAGE 海猿」以来3年ぶり。そして同じく土日2日間の観客動員数71万人超えは、佐藤健も出演した2009年公開「ROOKIES 卒業」以来、実に5年ぶりの快挙となっている。

☆2000年以降の日本映画 土日2日間動員ランキング上位15作品

114.0万人「ONE PIECE FILM Z」(2012)
110.4万人「ハウルの動く城」(2004)
98.7万人「ROOKIES 卒業」(2009)
86.5万人「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」(2003
81.8万人「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」(2009)
81.5万人「崖の上のポニョ」(2008)
80.5万人「花より男子ファイナル」(2008)
79.8万人「千と千尋の神隠し」(2001)
77.3万人「エヴァンゲリヲン 新劇場版:Q」(2012)
75.2万人「HERO」(2007)
74.7万人「風立ちぬ」(2013)
74.2万人「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パールディアルガVSパルキアVSダークライ」(2007)
71.7万人「るろうに剣心 伝説の最期編」(2014)
70.7万人「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」(2010)
69.1万人「LIMIT OF LOVE 海猿」(2006)