ジョージア州のイーストレイクGC(パー70)で開催されたフェデックスカップ・プレーオフ(※)第4戦、かつ米ツアーの今季最終戦となるツアー選手権(9月11日〜14日)に挑んだ松山英樹。フェデックスポイントランキング上位30名(今回は30位のダスティン・ジョンソンが欠場し29名)のみで争われる大会での奮闘が期待されたが、4日間通算6オーバー、22位に終わった。

※フェデックスカップとは、米ツアーの各試合の順位に応じて与えられるポイント(フェデックスポイント)によって、年間王者を競うもの。同カップはレギュラーシーズンとプレーオフに分かれていて、レギュラーシーズンの総合ポイントランキング125位以内に入るとプレーオフに進出できる(同時に来季のシード権も獲得)。プレーオフは全4戦で構成され、試合ごとに積算ポイントのランキングによって、出場選手数が制限されていく。2戦目が100名、3戦目が70名、最終戦は30名となる。今季はプレーオフ第3戦に続いて、ツアー選手権も制したビリー・ホーシェル(アメリカ)が総合優勝。1000万ドル(約10億円)のボーナスを手にした。

「ショットも、パットも、イマイチという感じでずっとやっていて、最終日もうまくいかなかったですね。4日間で、(良くなる)きっかけになりそうな場面も何度かあったんですけど、それを生かせなかった。それが、今の状態なのかな、と思います。7連戦でも体はびっくりするほど元気ですし、モチベーションも決して低くはなかった。『やってやろう!』という気持ちが強かった。そんな体も気持ちもいい状態なのに結果を出せなかったのは、(勝てるだけの)技術が自分に伴っていなかっただけ」

 米ツアー初優勝(ザ・メモリアルトーナメント/5月29日〜6月1日)を飾って以降、やや精彩を欠いていたティーショットとパッティングに、ツアー最終戦でも悩まされ続けた。ティーショットは右に抜けてしまうことが多く、初日はフェアウェーキープ率が50%を下回った(42.86%。4日間の平均は55.36%)。パッティングでは連日2回は3パットを喫して、スコアメイクに苦しんだ。特に3日目は、33パットと大荒れ。松山自身、あまりの入らなさに呆れた表情を見せた。

「(際どいパットが)2、3個、ポンポンって入ってくれれば、調子に乗っていけるのになって思いながらプレイしているんですけどね。それが、なかなか入らない。(6〜8mの)微妙な距離のパットが入ってこそ、流れが変わるんですけど......。パッティングの感触は良くなっていますし、何で入らないのかなって思っています。目線がズレているのか、ラインやタッチの読みが合っていないのか、ちょっとわからない。いい感じでストロークできているのに、ボール1個分カップを外れていくと、さすがに笑ってしまいます」

 結局、松山は4日間で一度もアンダーパーを記録できなかった。初日から3日目までが「71」、最終日は「73」と崩れた(パー70)。最終戦では「楽しんでプレイ」したいと言っていた松山だったが、終始険しい表情を浮かべ、ラウンドを終えたあとも、自らに対する怒りを抑え切れない様子だった。メディア対応でも、「パット? 知らない。(悪くても)もういいです。22位という結果? まあ、悔しいですよね」と歯切れが悪かった。

 米ツアー本格参戦1年目というシーズンを振り返っても、松山は不満顔だった。ザ・メモリアルトーナメントでツアー初優勝を飾って、世界ランキングもシーズン前の30位前後から20位まで上昇したが(9月15日現在)、自分に対する厳しい評価ばかりが口をついた。

「優勝もして、トップ10にも何回か入って、結果だけみれば満足できるシーズンに見えるかもしれないけど、自分の中では決してそんなことはない。体の状態がそんなに良くなかったフェニックスオープン(1月30日〜2月2日/アリゾナ州)でも上位(4位タイ)に入れているのに、状態が良くなった今、なぜ上位に入れないのだろうって思う。成績が出せないもどかしさをずっと感じていた。(6月に)優勝したあとは、一度もトップ10入りがないし、そんな終わり方で満足できるシーズンとは言えない」

 昨季は、全米オープン10位タイ、全英オープン6位タイ、全米プロでも19位タイとメジャー大会で奮闘した。しかし今季は、メジャー4戦で結果を出すことができなかった(マスターズ=予選落ち、全米オープン=35位タイ、全英オープン=39位タイ、全米プロ=36位タイ)。それもまた、不満の一因となっているという。

「メジャー大会に調子を合わせるのはすごく難しいこと。でも昨季は、自分はどの試合に出てもトップ25を外さないようなゴルフをしていた。調子が良かったとは言えないけど、それでも安定した戦いができる"何か"を持っていた。その"何か"がないと、今季のメジャーのように崩れて終わってしまうことが多い。"何か"というのは別にはっきりしたものではなくて、自分の中でのチェックポイントというか、こうしていけばどうにかなる、というもの。それが昨年はあったけど、今季はケガの影響もあって、知らぬ間に(体を)かばってボールを打っていたからか、(立ち返る場所が)なくなってしまった。体が治っても、そのかばうような動きがスイングに出てしまい、それがまたすごくショックだった。その動きを直そうとしても、なかなかうまくいかなくて......。とにかく、スイングのフィーリングを早く取り戻して、自分が次にやりたいことができるようにしたい」

 もちろん、この1年で収穫もあった。松山自身、米ツアー参戦前に課題に挙げていたアプローチだ。

「ツアー選手権でも難しいアプローチが冴えていた。それは、確かに良かった点だと思います。これまではラフからのアプローチが嫌で、そこから逃げるようなゴルフをしていた。でも今では、それしかいいところがないくらい、ラフからのアプローチは本当にいい。だから、どんどん攻めていけるようになった。そういう意味では、さらにアプローチの精度を高められれば、また優勝が近づいてくると思う」

 何はともあれ、米ツアー本格参戦1年目でツアー1勝を挙げて、最終戦のツアー選手権出場を果たした。賞金ランキングも27位と、申し分ない成績を残した。それでも、満足せずに「もっともっと練習しないとダメ」という松山が、来季はどんなプレイを見せてくるのか。10月9日に早くも開幕する新シーズンに向けて、期待が膨らむ。

武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko text by Sportiva