ウエンツ瑛士

写真拡大

16日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、ウエンツ瑛士が「消費税をいま上げてほしい」との持論を展開した。

この日の番組では、安倍政権の課題をテーマにトークが展開されたが、話題は消費税の増税について及んだ。

出演者のあいだでは、景気が回復しないなかで10%まで消費税を上げることができるかが論議となったが、ウエンツは「20代が消費税の話をする時って、ぜんぜんこういう話になんなくて。むしろ上げるべきだっている人が結構多くて。僕らこのあとどうなるんだろうって」と述べて、消費税についての持論を展開し始めた。

すると、自民党議員の片山さつき氏はウエンツの意見に「それはあります」と大きくうなづいた。

続けて、ウエンツは「人数が多いお金持ってるおじさんおばさんがいるあいだに消費税上げてもらわないと」と、人口が多いうちに税収を上げて国の借金を減らすべきだと主張。

大竹まことが「消費税って皆にかかっちゃうんだから。お前らの仲間にかかるんだって」と指摘しても、消費税が上がった状態で「おじさんおばさん」世代が長いこと生活することで税収は上がるのだと持論を述べた。

そこで、ジャーナリストの須田慎一郎氏が「ウエンツさん、気をつけなきゃいけないのは10%に上がってもう終わりじゃない。財務省は20%まで上げて…」と指摘しようとすると、須田氏の発言を遮って「だったら、なおさらもういま上げて欲しい」とウエンツは力説した。

ウエンツの主張に対し、大竹は「20万円所得があって10%だったら2万円、20%だったら4万円だよ。おまえ、いくら所得があるんだよ!」と思わずツッコミを入れた。

【関連記事】
ウエンツ瑛士、小学校からの英語教育に苦言 「興味を持てって言われることは、一番子どもが興味持てない」「可能性が広がるっていうのもあるかもしれないですけど、何かが奪われるリスクも」
女性を好きになるのは「ちょっとした仕草」「好きになる子は一瞬で分かる」 ビートたけしが、婚活女子たちに自身の恋愛観を明かす
内田篤人選手がCAから次々と電話番号を渡されていたエピソードをウエンツ瑛士が暴露