カロリーオフセット

写真拡大 (全5枚)

 TABLE FOR TWO Internationalは新プログラム『カロリーオフセット』を本格始動し、様々な企業が新たに参画し、対象商品の販売やイベントを実施する。

 カロリーオフセットは、「SAVE CALORIE, SAVE WORLD〜あなたがオフしたカロリーが、誰かのカロリーになる〜」をスローガンに、先進国の余分なカロリーを開発途上国で必要なカロリーに変換するプログラムである。

 カロリーオフセットの対象となる、「健康な生活の実現を意識した」商品・サービスは、「従来品に比べカロリーを抑えた商品、低カロリーの商品」「体を動かすことでカロリーを消費できる商品・サービス・イベント」「スポーツウェアなど運動に使用する商品」「フィットネスクラブ利用料など運動に関連するサービス」「スポーツ大会、パブリックビューイング、野外音楽フェスティバルなどのイベント」などである。

 9月16日にローソンがカロリーを意識した弁当やおにぎり、飲料、菓子など35品を販売。日本フィットネス産業協会は業界が一体となって企画・運営する「カロリーオフセット対象の駅伝大会」を11月と12月の2回開催予定で、ルネサンスは10月の軽井沢リゾートマラソンにツアーを組み参加、2015年3月にはルネサンス3時間リレーマラソンを開催予定である。更に、文教センターはスポーツクラブ「アスリエ」12店舗で「脂肪燃焼コンテスト」を開催、FiNCは5月からダイエット家庭教師サービスを提供している。