米国で10月にエボラウイルス流入の可能性が20% 感染症流行モデルからみた見解

ざっくり言うと

  • 西アフリカのエボラ出血熱の感染が更に拡大する可能性がある
  • 感染症流行モデルから判断すれば、アメリカに流入する確率は18%
  • 感染者数の増大において現在は正念場で、制御を誤れば手遅れになりかねない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング