あまりにも過酷過ぎる“下水道ダイバー”という仕事

写真拡大 (全4枚)

どうせ仕事をするなら綺麗な環境で気持ちよく仕事をしたいものだが、かつてこれほどまでに劣悪な職場環境があっただろうか。

メキシコのフリオ・クー・カマラさんは、メキシコシティの下水道に潜って、パイプの清掃や修理を手作業で行っている。彼はこの“下水道ダイバー”歴30年のベテランで、今までに1400回以上潜った。一度潜ったら、最低6時間は潜りっぱなしで作業する。潜る時は総重量40kgの特別ウェットスーツとヘルメットを身に付けて、ゆっくりと地獄にも勝る職場へと降りていくだ。

「タバコの吸い殻から車のパーツ、家具や冷蔵庫まで、一体なぜこんなものが、どうやって下水道に流れ込んだのかと聞きたくなるよ、まったく」と話している。最後に清掃が終了するとお風呂に入る。これがなければやっていられない仕事である。

(YAMAGISHI)