写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デアゴスティーニは9月16日、「週刊 マイ3Dプリンター」の一部地域での先行販売を開始した。

「週刊 マイ3Dプリンター」は毎号付いてくるパーツを組みたてて3Dプリンタ「idbox」を作るというもの。家庭にある一般的な道具で組み立て可能で、毎号写真で組み立て手順が紹介される。ハンダ付けは一切不要とのこと。

「idBox」は熱溶解積層法を採用しており、最大造形サイズ150(幅)×130(奥行)×100(高さ)mmで造形スピードはヘッド速度(造形時速度)で100mm/秒。3Dプリンタの開発・販売を行うボンサイラボが監修している。

3Dデザインソフトは専用のWebサイトから無料でダウンロード可能となっており、テンプレートを使って基本操作から徐々にステップアップできるほか、動画などでも解説する。

また、マガジンでは組み立てガイドや3Dプリンタの基礎知識に加えて、3Dプリンタを活用する企業やクリエイターの最先端の作品や技術を紹介するほか、誰でも利用できる3Dプリンタの出力サービスが掲載されるという。

同シリーズは全55号完結で、創刊号は999円(第2刊以降は1998円)。創刊号から第45号まで購入すると、出力素材2種類と3Dプリンタ専用シート「ビルドタック」が対象読者全員にプレゼントされる。