室内干しの不満を解消

写真拡大

積水化学工業の子会社で、包装資材・工業資材などの販売を行う積水テクノ商事東日本は2014年9月17日、布団も干せる室内物干し「ホスメイト」を発売する。

窓枠に沿って収納可能

同社によると、花粉やPM2.5など大気中の浮遊物や省エネへの意識の高まりや、家事負担の軽減などを背景に、洗濯物や布団の「室内干し」のニーズが近年高まってきている一方で、「布団など重く大きなものはなかなか室内では干せない」などといった不満があるという。

こうした不満を解消するため、「ホスメイト」は竿が回転する仕様で、重いものを干しても簡単に取り込めるよう工夫。また、アームの傾きは2段階で調節が可能で、竿が床面から約1.2mの高さの「布団干し用」に設定すると、布団を掛けやすくなる。

窓枠に取り付ける室内物干しで、使わないときは窓枠に沿って収納することが可能。価格は2万8000円(税別・施行費別)。