ヒューやダウニー・Jr.もSWに、契約違反避けるためカメオ出演で。

写真拡大

ロバート・ダウニー・Jr、ヒュー・ジャックマン、サミュエル・L・ジャクソンが「スター・ウォーズ エピソード7」にカメオ出演を果たすようだ。

この3人は同人気シリーズ最新作の撮影が行われている英バッキンガムシャーにあるパインウッド・スタジオにニック・フロストと共に招待され、友情出演をすることになったと噂されている。

3人はそれぞれの製作会社との契約違反を避けるため、このディズニー製作の映画へカメオで出演することになったと考えられている。ある関係者はザ・サン紙に「みんなこのセット訪問とカメオについて騒ぎ立てています」「サミュエルとロバート、ヒューはニック・フロストと共に招待されたんです。面白がって顔を隠している人もいましたが、契約上の理由から、そうせざるを得なかった人もいました」「ほかのスタジオとの契約中の場合、ディズニー映画に出演することは本来許されていないんです」と語った。

「アイアンマン」のロバートと「X-メン」のヒューはこれまで同シリーズに出演したことはないものの、サミュエルは1999年から2005年にかけての前章3作でジェダイ・マスターのメイス・ウィンドゥ役を演じていた。