<ソーマ> RunONE 50

写真拡大

セイコーネクステージは2014年9月4日に、スポーツを楽しむことをコンセプトとした「SOMA(ソーマ)」ブランドのランニングウオッチ「RunONE(ランワン)」シリーズから、マラソン大会の完走を目指すランニングビギナー向けモデル「RunONE 50」を発売した。

ベーシックな機能のみを搭載

09年に発売された「RunONE」シリーズは、「走ることを楽しむ」ためのランニングウオッチで、見やすさ、使いやすさと洗練されたデザインが特徴。

今回登場するのは、ベーシックな機能のみを搭載したシンプルで使いやすいランニングビギナー向けのモデル。ラップ・スプリット計測に加えて、最大50ラップのデータをランニング2回分まで保存できる。

また、ランニングビギナーのユーザーから要望が多かった「カットオフタイマー」を搭載した。この機能は、レースの各チェックポイント(関門)の通過制限時刻を設定することにより、チェックポイントまでの残り時間をカウントダウン表示するというもの。最大15地点まで設定でき、設定した制限時刻の30分前、10分前、5分前に予告音が鳴るので、走行ペースを調整しながら完走を目指すことができる。

カラーは、スタイリッシュな「ブラック/ピンクゴールド」や、スペシャルカラーの「マゼンタ/オレンジ」など全6種類。サイズはケース幅47ミリ、ケース厚さ14ミリ。重量は33グラム。

希望小売価格は各6500円(税別)。