14日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系)で、TRFのメンバーでリーダーのDJ KOOが過去に芸人として活動していた事実が明かされた。

この日の番組では、DJ KOOがゲストとして出演。DJ KOOとプライベートで大の仲良しというお笑いタレント・古坂大魔王も出演し、DJ KOOについての逸話を披露した。

なんでも、古坂はTRFと同じ事務所に入り、TRFのトークイベントのMCをやったのが2人が知り合ったきっかけだとか。

最近ではバラエティ番組への出演も多くなったDJ KOOだが「このジャンルでは新人」だとして、収録後に若手芸人に「今日はお世話になりました」と、ちゃんと挨拶して帰っていくのだと古坂は語った。

すると古坂は「芸人を本気でリスペクトしている理由がここにあったんです。これは正直、衝撃映像です!」と話し、若き日のDJ KOOが1980年に放送されたお笑い番組「笑ってる場合ですよ!」に出演していた映像を紹介した。

その映像では、現在のDJ KOOからは想像できないほど普通の出で立ちで、キャップもサングラスもしてない、黒髪の青年が勢いよく登場する。「どうも皆さんこんにちは。1日目挑戦、高瀬浩一です」と自己紹介し、ネタを披露していた。

古坂は「もともと芸人。ネタをやったことがあるんです!」と言って、DJ KOOが芸人だったという衝撃的な過去を暴露した。

DJ KOOは、芸人だった過去を暴露されたことに相当動揺したようで、古坂が「どういうことなんですかKOOさんこれ?」と訊ねても、しばし無言になった。

DJ KOOは、当時はDJもやっていたと語ったが「俺こんなの奥さんにも言ってないよ」と困惑した様子に。最後には「かぶり物でもなんでもするからこれだけはやめてほしい」、と芸人だった過去については、これ以上触れないよう懇願していた。





【関連記事】
TRFのDJ KOO「DJ界は縦社会」「オレより上で現場で回してるDJはいない」
濃過ぎるメンバーが集まった「踊る!さんま御殿!!」で、ひときわ異色なトークで存在感を放つTRFのリーダーDJ KOOに明石家さんまや出演者が総ツッコミ
中山秀征がお笑い芸人・今田耕司との確執を告白「それを触る人もいなかった」