蛭子能収日刊サイゾー

蛭子能収「ギャンブル熱」の原点となった幼い時代の極貧生活

ざっくり言うと

  • 蛭子能収が幼いころの極貧生活を語った
  • 屋根の梁がむき出しのアパートの6畳と2畳の2間に、家族5人で住んでいた
  • 隣の家は金持ちだったため、黙って本を持って帰ってきたこともあったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング