超モダンなオルドス・エジン・ホロEjin Horo空港               (Photo:©Alt Invest Com)

写真拡大

 中国の「鬼城(ゴーストタウン)」といえば、なんといってもオルドス(鄂尓多斯)だ。内モンゴルの無名の都市は、米誌『タイム』が2010年4月5日号に掲載した「中国の爆走建築ブームの中で」という記事によって一躍、世界にその名を知られることになる。その様子はたびたび日本のメディアでも報じられているが、百聞は一見に如かず、訪れたひとはあまりの光景に唖然とすることは間違いない。

オルドスは空港もオーバースペック

 オルドスを訪れるには、オルドス空港からタクシーで市内に向かうか、内モンゴル自治区の省都フフホト(呼和浩特)から長距離バスに乗るか、どちらかだろうが、ここではオルドス空港からの“観光”ルートを紹介したい。

 オルドス市は実は現代建築の隠れた名所で、オルドス空港もカナダの建築集団B+Hアーキテクツがデザインした超モダンな建物だ。2013年の拡張工事では年間の乗降客1200万人を想定し3200メートルの滑走路を新たにつくったが、空港内は写真のようにがらんとしている。それもそのはずで、現在は出発・到着便合わせて1日70便程度しか就航していない。これでは年間300万人がせいぜいだろうから完全なオーバースペックなのだ。


 オルドス空港は旧市街(東勝)まで50キロほど離れているが、公共交通機関はないのでタクシーを使うほかない(タクシー料金は、新市街に寄ってもらって200元(約3400円)ほど)。

 空港を出ると、いきなり高層マンション群が現われる。だが、こんなところで驚いてはいけない。


 空港と旧市街のあいだには黄河の支流ウランムリン(烏蘭木倫)川が流れている。オルドス市政府はわざわざここに巨大な橋をつくり、川の対岸に新空港を開いた。内モンゴルはほとんどが痩せた牧草地帯で、旧市街の周辺にも空港に適した土地はいくらでもあったのに、なぜわざわざこんな不便な場所に選んだのだろうか。それは川の両岸に新しい都市をつくるためだった。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)