AFF NutiFood U19 Cup 2014の決勝が13日にベトナムで行われ、U−19日本代表はU−19ベトナム代表と対戦した。

 序盤は両者ともに攻撃のタイミングを伺いながらも、シュートまで持ち込むことができない。14分、ゴール前でパスを受けた金子翔太がシュートを放つが、相手GKに防がれる。試合はスコアレスで前半を折り返す。

 後半、ベトナムが積極的にペナルティエリアに侵入し、ゴールを狙う。日本は75分、右サイドでボールを奪うと、ドリブルで仕掛けた表原玄太が左足でシュートを決める。これが決勝点となり、1−0でベトナムを下した日本が優勝を飾った。

 U−19日本代表は、U−20ワールドカップの出場権を懸けて、10月7日から行われるAFC U−19選手権に臨む。

【スコア】
U−19ベトナム代表 0−1 U−19日本代表

【得点者】
0−1 75分 表原玄太(日本代表)