20歳の鈴木愛、大会最年少優勝を更新(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日◇14日◇美奈木ゴルフ倶楽部(6,645ヤード・パー72)>
 女子ゴルフ界にニューヒロインが登場した。

 国内女子メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の最終日。2日目に首位に立った20歳の新鋭、鈴木愛が息詰まる熱戦を制し、トータル5アンダーで優勝。ツアー初優勝をメジャーの大舞台で達成。そして宮里藍が持っていたこの大会の最年少優勝記録、21歳と83日を20歳と128日で更新した。
 鈴木は1番から連続バーディを奪取。これで「落ち着きました」と心を整えると、5番では短いパーパットを外しボギーとするが6番から2度目の連続バーディ。9番ではティショットを右のラフに入れボギーとし2位の選手に1打差をつけサンデーバックナインへ。
 後半は16番までパーを重ねると、16番パー5でボギーが先行。終盤の勝負どころでスコアを落とし、並みの選手ならプレッシャーに押しつぶされるところだが、鈴木は17番で見守っていたコーチの南秀樹氏が「最高の1打でした。あのショットを見たら涙ぐんでしまって」というティショットを放つ。そして、セカンドショットを約3メートルにつけバーディを奪取。最後はボギーとしてしまったが、この17番のバーディで勝負を決めた。
 成田や申ジエ(韓国)ら実力者たちを振り切っての勝利。昨日はメジャーのプレッシャーに押しつぶされ、ギャラリーの声援も重圧に感じたが「今日は、声援を力に変えることができました。コーチから“ギャラリーを味方に付けろ”と言われ、ひたむきなプレーでギャラリーを魅了。最後は今週一番の声援を受け、深々と一礼。その瞳は涙に濡れていた。
 幼い時から頑固で負けず嫌い、気が強い子供だったという鈴木。ゴルフの事で父親と衝突しても涙は流さなかったが、これまでゴルフで泣いたのは2010年「全国中学校ゴルフ選手権春季大会」で2位になった悔し涙と、「中国女子アマチュアゴルフ選手権競技」で優勝した時の嬉し涙の2回。3回目はメジャーでツアー初優勝の快挙での嬉し涙となった。
 これからはメジャー覇者として、注目を集める存在になるが「ちょっとプレッシャーです。今回は運が良かったと思うし、これからいっぱい練習してトッププレーヤーとして認められるようになりたい」と謙虚に話した。
 将来は米国女子ツアーを目指すという鈴木。その前にまずは国内で「賞金女王になりたい」と更なる活躍を誓った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>