投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が、9月15日〜9月19日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は、16-17日の連邦公開市場委員会(FOMC)でフォワードガイダンス(将来の金融政策指針)の「相当の期間」の変更が行われるか否かに注目する展開となる。

 FOMC後のイエレンFRB議長の記者会見は、9月FOMCは行われるが、10月FOMCでは行われないため、重要な政策変更への説明責任から、9月FOMCが警戒されている。

「相当の期間」という文言が削除された場合、ドル・円は続伸することが予想され、現状維持の場合は、反落が予想されるものの、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による外貨建て資産への投資増額期待は維持されており、ドルの下値は限定的だと予想される。

【連邦公開市場委員会(FOMC)】(16-17日)
 FOMC)は、100億ドルのテーパリング(量的緩和縮小)(250億ドル→150億ドル)が予想されており、フォワードガイダンスの「相当の期間」という文言が削除されるか否かに注目することになる。

 10月のFOMCでは、150億ドルのテーパリングにより、量的緩和第3弾が終了することが予想されており、「相当の期間」の削除は10月FOMCまで先送りされる可能性があることで、要注目か。
 
【G-20財務相・中央銀行総裁会議】(20-21日)
 非伝統的金融政策から出口に向かいつつある米国、追加緩和観測により出口が見えない欧州と日本、そして、景気刺激策の期待感が高まっている中国による、金融政策の乖離に注目することになる。

【地政学的リスク】
 ウクライナ情勢では、ウクライナ政府と親ロシア派分離主義者武装勢力が停戦で合意したものの、欧米によるロシアへの懲罰的制裁が実行されたことで、予断を許さない状況が続く。中東情勢では、オバマ米政権が、シリアとイラク北部のイスラム国への空爆を決定したことで、地政学的リスクによるドル売り要因となる。

 9月15日-19日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)8月鉱工業生産- 15日(月)午後10時15分発表
・予想は、前月比+0.3%
 参考となる7月実績は+0.4%で市場予想を上回った。米経済の順調な拡大を示唆しており、機械、コンピューター、自動車の生産でも勢いが見られる。8月については、一定規模の生産拡大が確認されており、市場予想はおむね妥当か。

○(米)8月消費者物価コア指数- 17日(水)午後9時30分発表
・予想は、前年比+1.9%
 参考となる7月のコア指数は前年比+1.9%。航空運賃、中古自動車、娯楽費などは下落しており、インフレが加速する兆しは出ていない。8月については、エネルギー価格の上昇は適度に抑制されていることから、コア指数は穏やかな上昇にとどまる見込み。市場予想は妥当か。

○(米)米連邦公開市場委員会(FOMC)会合- 17日(水)日本時間18日午前3時に結果判明
・予想は、債券買い入れ額を月額150億ドルに減額
 債券買い入れ額の減額は織り込み済み。市場関係者FOMCの声明内容に注目している。経済動向の変化に一段と柔軟に対応できるよう、先行きの金利の道筋についてのガイダンスを変更する可能性がある。インフレや労働市場の変化に応じて金利引き上げを検討する方向にガイダンスを変更する可能性があるとみられているが、予断は禁物か。

○(米)8月住宅着工件数・住宅建設許可件数- 18日(木)午後9時30分発表
・予想は、住宅着工件数が103.5万戸、住宅建設許可件数は、103.5万戸
 参考となる7月実績は、住宅着工件数が109.3万戸。住宅建設許可件数は105.2万戸だった。住宅ローン金利上昇の影響はなくなりつつあり、米住宅市場は回復傾向にある。需給関係の改善で住宅価格は上昇しており、8月も7月実績に近い水準の数字になるとの見方が多い。

 主な発表予定は、15日(月):(米)9月NY連銀製造業景況指数、16日(火):(米)8月生産者物価指数、(米)7月対米証券投資、17日(水):(米)4-6月期経常収支、18日(木):(日)8月貿易収支、(米)9月フィラデルフィア連銀景況調査、19日(金):(米)8月景気先行指数

【予想レンジ】
・ドル/円:105円00銭-110円00銭