●大失恋

(画像:「暴れん坊力士!!松太郎」公式Webサイトより)
(C)ちばてつや/テレビ朝日・東映アニメーション

●キャスト
坂口松太郎(荒駒 松太郎):松平健
田中清(駒田中 清):塩屋浩三
南令子(坂口 令子、旧姓:南):水谷優子
西尾留次:島田敏
島田:二又一成
トミ:中友子
ツル子:千葉千恵巳
坂口 竹志:森下由樹子
百合:下地紫野
菊:美馬利恵子
梅夫:千葉千恵巳
雷神親方:青森伸
猪ノ川:稲田徹
竜の川:平井啓二
巌ノ国:檜山修之
ユララ:皆口裕子

●ストーリー
連載終了から16年…ちばてつやの“破天荒すぎる相撲漫画”『のたり松太郎』が、連載終了から16年にしてテレビアニメ化されます!
人並み外れた怪力を持つ、天衣無縫で暴れん坊の大男・坂口松太郎が相撲部屋に入門し、一人前の力士へと成長しながら、「相撲」という人生を築いていく“相撲ヒーローもの”です。
しかも、この作品は通常のヒーローものとはひと味もふた味も違います。
というのも、主人公の松太郎は「頑張る」、「目指す」、「夢見る」といった少年漫画の主人公に付き物の言葉とは無縁の男!
相撲部屋に入った理由は“好きな人のそばにいるため”、相撲を辞めない理由は“友達ができたから”。
誰よりも強いから、敵もいません。しかも、何があろうと、驚くほどすぐに立ち直ります…。
そう、松太郎にとって、一番の敵はその気ままな性格。
そのため、彼は行く先々で何度もトラブルに見舞われてしまうのです。
のたりのたりと、いばらの相撲道を歩んでいく、ありえない主人公――彼を中心にこの春の改編でよみがえる破天荒な相撲アニメ『暴れん坊力士!!松太郎』は、相撲ファンや原作をリアルタイムで読んだ世代のみならず、次世代の若者たちの心にがぶり寄ることでしょう!
●オープニング
前回、憧れの南令子先生に告白するも振られた松太郎。松太郎は失意のあまり寝込んでしまいますが…。
●落ち込む松太郎
坂口松太郎「しゃあ〜ほほほ〜。」

一週間涙を流しながら落ち込む松太郎。稽古にも身が入らず(それはいつもの事ですが)、ちゃんこすら食べないという有様。それほど彼にとっては南令子の存在が大きかったようです。

そんな彼を雷神部屋一同でうな重やエ○本で何とか立ち直らせようとするも…。

松太郎はそのうな重には目もくれず、その代わり田中がうな重を食べる!

そして、雷神親方が様子を見に行くと、

松太郎、雲隠れ!
●松太郎、浅草寺によじ登る!
雷神親方「すぐ手分けして松太郎を探すんだ!」

雷神部屋総出で松太郎を探している頃、南令子はお見合いを断っていました。彼女も気が乗らなかったというよりは…。

その松太郎と言えば何と、

松太郎、浅草寺の屋根によじ登って吠える!

西尾留次「おい松太郎!お前は完全に包囲されている!うな重でも天丼でも食べさせてやるから降りてこい!」
坂口松太郎「俺は男の腐ったような男だ!」

※意味が分かりません。

そこで田中が、

田中清「この屑野郎!終わった事をグジグジグジグジ、そっだらこったら南先生に振られるんだ!豆腐の角に頭ぶつけて死んじまえ!」

そんな田中ですが、

田中清「振られたのはあんただけじゃねえど…。」

田中の迫真の説得によって浅草寺から降りてきた松太郎。もっとも田中の説得は演技では無く本心からだったようで…。

それからの松太郎はいつも通り、ちゃんこをがっつき稽古はさぼり気味ながらも本場所はもうすぐ。

坂口松太郎「田中!うな重買ってこい!」

「暴れん坊力士!!松太郎」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第20話「失恋」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第19話「結婚式ブレイカー」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第18話「美味しいちゃんこの作り方」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第17話「田中、はじめてのおつかい(大阪編)」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第16話「食当たり」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「暴れん坊力士!!松太郎」TVアニメ公式Webサイト