「るろ剣」完結編舞台挨拶レポ、佐藤健「最後だと思うと寂しい」。

写真拡大

シリーズ完結編「るろうに剣心 伝説の最期編」が9月13日に初日を迎え、佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、神木隆之介、江口洋介、藤原竜也、大友啓史監督が舞台挨拶に登壇した。

剣心と宿敵・志々雄との死闘を2部作で描く後編となる本作。これまでプロモーションにも奔走してきた佐藤は「今日の舞台挨拶で『るろうに剣心』に関する仕事は最後だと思うと寂しい」と心中を明かし、「今日からが皆さんが広める番です」と「るろうに剣心 伝説の最期編」を送り出した。

また、「こんなに幸せな現場はないなと思っていました。最高の環境を、大友監督を始めとするスタッフの皆さんが用意してくださった。360度見渡してみても明治時代だった。コスチュームだったりスタッフのおかげで立っているだけで剣心になることができた。僕ができることはそこからどこまで行けるかということ。原作でも見たことのない剣心をみたかった。テーマは限界を超えることでした」と、監督、スタッフ、共演者に感謝の気持ちを述べながら、熱い現場を振り返った。

前作「るろうに剣心」から、神谷薫役を演じてきた武井咲は「最初は(剣心たちが)なんでここまで戦うのかという疑問があって……この『伝説の最期編』を観て最後にみんなが闘っている顔を見ると伝わってくる。わたしはおかえりと受け止めただけだったんですが、ものすごい戦いをしてきたんだなと。その戦いに意味があったんだな。なんで戦ってるんだと言ってごめんなさいと思いました(笑)」と、女性ならではの視点からみた「るろうに剣心」について語った。

剣心の宿敵・志々雄真実を演じた藤原竜也は「健君と伊勢谷君と崇君と江口さんに囲まれた時は正直めんどくさって思った(笑)。そうそうたるたる先輩に囲まれて……怪我をしてもさせてもいけないし」と4人との激しい死闘のシーンを振り返り、「殺してくれと何度刀を投げたことか。実際の僕はそこまで強くないので。志々雄が強いだけなんです(笑)」と笑いを誘った。

四乃森蒼紫役を演じた伊勢谷友介は、「みなさんと叩きあったり、斬りあったのが本当に楽しかったんだなと思います。現場は本当にしんどくて早く終わらないかなとも思っていた(笑)。本当に不思議なもんで、逆に公開するのが待ち遠しいんですが、見られてしまう、せっかくの思い出がついえてしまうという気持ちになってくるので、なるべく楽しんでいただけるようにしていただけると嬉しいです」と、激しい現場を振り返りながら作品への想いを語った。

剣心の相棒・相楽左之助役を演じた青木崇高は「僕らが見たときはエネルギーが吸い取られて、中々たてないぐらいヘロヘロ。出てきたら座っていらっしゃる方たちがギャーという人がいるので余力たっぷりですごい!楽しんでもらえたんだなって思って嬉しいです」と、映画の公開を喜んだ。

瀬田宗次郎役を演じた神木隆之介は、「本当にこの日を楽しみにしていました。反面、今後宗次郎として『るろうに剣心』という作品に関われないなって思うとさびしいなあって思っています。僕自身『京都大火編』から『伝説の最期編』まですべて出し切ったので悔いはないと思います。皆さんの中で“伝説の名作”になっているといいなと思っています」と、感無量の面持ちで本作への想いを明かした。

斎藤一役を演じた江口洋介は、「こういったメンバーで和気藹々とやってきたんですが現場はハードで本当に緊張感がある。『京都大火編』に比べて充実感があったのではないのでしょうか。4対1の戦いになると心配になったんだけど、現場に行ってみてみるとこれまでの撮影が積み重なって良いシーンとなったんじゃないかな。試写を見てぐっときた」と、本作の仕上がりに太鼓判を押した。

本作のメガホンをとった大友監督は、「8月29日まで映画を作っていた。作ってから2週間しかたっていない。まだ心の整理ができていない。9月3日ににキャスト陣と大切なスタッフたちとお客さんたちと『伝説の最期編』を観て、改めて誇れる作品になったと思いました。最初に観てくださった方はチームるろ剣、大友組の一員です。(『るろうに剣心』は)大事な子供です。かわいがってください」と本作を送り出した。

最後に佐藤は「本当に皆さんのおかげでこの日を迎えることができた。本当に嬉しいです。ありがとうございます。前編『京都大火編』は公開中ですが、2つの映画というか2つで1つの映画。4時間半の超大作として考えていただくと本当の意味では本日が公開なんじゃないかなと思います。役者人生の中で一生のうちにあえるかあえないんじゃないかという作品に出会えたんじゃないかなと思います。このキャストスタッフこの映画すべての関係者の努力の結晶を本当の意味で伝説として残せたらと思います」と語り、イベントを締めくくった。