ロボット牧羊犬が電気羊より先に生まれるか?

写真拡大

数学が牧羊犬の秘密を明らかにする。おそらく未来には、羊の群れを導くのに本物の牧羊犬はもう必要なくなるだろう。

「ロボット牧羊犬が電気羊より先に生まれるか?」の写真・リンク付きの記事はこちら

秘密は明かされた。牧羊犬は、羊の群れを集めるために、たった2つの単純な規則に従っている──。発見したのは、ダニエル・ストロンボム率いるスウェーデンのウプサラ大学の研究者グループだ。

彼らは、ロンドンのロイヤル・ヴェテリナリー・カレッジの科学者たちが準備したGPSの装置を収めた小型リュックサックを通じて牧羊犬の習慣を研究した。装置は、スウォンジー大学のアンドリュー・キングと同僚たちによって、羊やウェルシュ・コーギーに取り付けられた。

いままで科学は、どのようにして犬たちがこれほど多くの羊を制御して、これらを同じ方向に動くように導けるのかを解明できてはいなかった。衛星測定に基づくこの新しい技術によって、ある種の「牧羊の数理モデル」が開発された。科学者たちは、「Journal of the Royal Society Interface」で読むかぎりでは、牧羊犬がたった2つの単純な規則に従っていることを発見した。バラバラになる羊を集めることと、群れが密集したら羊たちを前へと押し出すことだ。

このモデルと、開発されたコンピューター・シミュレーションによって、たった1頭の犬が、この2つの動きによって、100頭以上の羊の群れを制御することができることがわかる。「わたしたちは、犬のつもりで考え始めました」と、ストロンボムは説明した。

「犬は何を見ているのでしょうか? 基本的に、自分の前で動いている白くて柔らかいものです。群れのなかに隙間ができてだんだん大きくなると、介入する必要を感じます。私たちのモデルの1歩ごとに、犬は群れが十分に密集しているかどうかを判断します。もし密集していなければ、羊を他の羊の方へと押しやります。もしまとまっていれば、羊たちを一緒に目標へと押しやります」

研究者たちによると、考えられていた他の動きのモデル──さまざまな規則に基づいて動く犬を想定していた──は、50頭以上の羊の群れに対して、より多くの羊飼いや牧羊犬が必要となることを浮かび上がらせた。

このモデルの応用は注目に値するものとなるかもしれない。将来、例えば、ロボットの「頭脳」に組み込んで、群衆を制御したり、環境を浄化したり、探査ロボットのグループを統率したりするためにモデルを利用することができるかもしれない。さらに、当然のことながら、牧畜の分野も考えられる。

要するに、アンドロイドだって電気羊の夢を見るかもしれないが、牧羊犬ロボットの方がより近づきつつある現実のように思われる。

TAG

AlgorithmDogMathematicsSatelliteWIRED IT