イ・ボミ(中央)、この日は同じ韓国のプロと楽しそうにラウンドしていたが…(撮影:ALBA)

写真拡大

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 3日目◇13日◇美奈木ゴルフ倶楽部(6,645ヤード・パー72)>
 兵庫県にある美奈木ゴルフ倶楽部で開催中の国内女子メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の3日目。この大会の連覇を狙っていた昨年覇者のイ・ボミ(韓国)が10番終了時点で棄権した。

 入院中だった父親の容体が急変。プレーを切り上げ、急遽コースを後にし空港へ向かった。大会開幕前には報道陣に父親のことを聞かれると涙ぐんだ様子をみせたイ。1976年、77年に樋口久子がこの大会の連覇を達成。2人目の快挙を目指していたが、思わぬ形で大会を去ることになってしまった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>