名古屋大医学部付属病院でカテーテルを動脈に誤挿入し患者が死亡

ざっくり言うと

  • 名大医学部附属病院で2012年、医療ミスにより患者が死亡したことがわかった
  • 急性散在性脳脊髄炎の患者に、静脈に挿れるはずのカテーテルを動脈に誤挿入
  • 医師は確認を怠った医療ミスを認め、病院側は遺族への賠償を検討している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング