■テレビ朝日・竹内由恵アナウンサーの連載コラム■
『たけうっちタイムス』

 5月にベトナムで開催されたアジアカップで初優勝を果たし、2015年ワールドカップ・カナダ大会の出場権を獲得したなでしこジャパン。最大の目標は来年のワールドカップ連覇ですが、そこへ向けて「育成」をテーマにしている佐々木則夫監督は、今回、アジア大会に向けて平均年齢約24歳と若手を中心にしたメンバーを招集しました。

 そのなでしこジャパンと、アフリカの強豪・ガーナとの強化試合が13日(土)に行なわれ、テレビ朝日ではその試合を生中継します(よる6時56分〜放送)。

 試合に先立ち、先日、私は日テレ・ベレーザのグラウンドへ行き、なでしこジャパンのDFリーダーとしてチームを引っ張る岩清水梓選手を取材してきました。

 岩清水選手といえば、5月のアジアカップ準決勝と決勝で決めたヘディングでのゴールが印象に残っている人も多いのではないでしょうか。特に準決勝の中国戦、延長後半のアディショナルタイムで決めた得点は、まさに値千金のゴール。このまま1-1の引き分けでPK戦突入か......と誰もが思い始めた状況で得たコーナーキックで、宮間あや選手の蹴ったボールをヘディングで押し込んだのです。

 私はその試合のスタジオ進行を担当していたのですが、ゴールが決まった瞬間、スタジオにいた全員と飛び上がって喜びました。そのゴールについてあらためて聞くと、岩清水選手は「自分はディフェンダーだから普段はそんなに目立つこともないし、地味な仕事をしているけど、あのゴールを決めた後はすごい反響で、自分でもビックリした(笑)」といいます。

 中国戦は、宮間選手のコーナーキックから澤穂希選手が先制ゴールを決めていたので、延長後半、選手たちがその再現を狙っていた場面での岩清水選手のゴール。「相手DFを引きつけてスペースを作ろうと思って動いていたら、たまたま自分のところにボールが来ただけ」と、自分でも予想外の展開だったようです。

 そのアジアカップでは、海外組がほとんど参加できなかったため、ディフェンスのレギュラーである近賀ゆかり選手(アーセナル)、熊谷紗希選手(リヨン)が不在で、守備のリーダーである岩清水選手としては、苦労した部分があったといいます。初戦のオーストラリア戦では守備のラインコントロールなどで息が合わなかったため、チーム全体のミーティング以外に、ディフェンダーだけのミーティングを何度も何度も重ね、その結果、徐々に連係が機能し始め、手応えをつかんでいきました。

 また、ベテランも若い選手もいたため、上の世代と若い世代の間にいる岩清水選手は「中間管理職のような」立場。「チームがまとまるように自分なりに頑張った」ため、「プレー以外の部分でも成長しなければと痛感した大会だった」と笑顔で振り返っていました。

 そして、見事アジアカップ初優勝を果たしたことについて「勝たなくてはいけないと思っていましたし、ワールドカップチャンピオンがアジアで負けるわけにはいかない。その意地が勝利を呼び込んだのかもしれない」と語る岩清水選手から、ワールドカップ優勝経験者として勝負へのこだわりを感じました。

 前回のワールドカップ・ドイツ大会でもそうでしたが、なでしこジャパンの選手は全員、「絶対にあきらめない」という姿勢が際立っていると思います。そして、試合の最初から最後の最後まで、全員が味方のサポートのために身を粉にして走り続ける――。その姿に、いつも勇気づけられます。

 アジアカップでは、大会途中でエースの大儀見優季選手が所属チームのチェルシーに戻り、決勝トーナメントは不在でした。「それは不安材料だったのでは?」と岩清水選手に聞いたところ、「むしろそれを他の選手たちはチャンスだと思い、積極的なプレーをするようになった」とチームの活性化につながり、マイナス面だけでなく、ポジティブな影響もあったといいます。

 若い選手たちに「次は自分たちが」という自覚が出てきているのだと思いますし、今回のガーナ戦の招集メンバーも、若手を育てるという佐々木監督の方針が表れていて、次世代の活躍も楽しみです。

 今回選ばれた若手選手では、以前取材をしたGKの山根恵里奈選手(23歳)に注目しています。GKには海堀あゆみ選手と福元美穂選手という頼れる守護神がいるので、山根選手はまだ国際Aマッチ出場8試合と成長途上。それでも、身長187センチと女子選手では非常に背が高いGKということもあり、佐々木監督も期待を寄せています。

 チームメイトに聞くと、「山根選手がゴール前にいると、壁があるよう」とその存在感は絶大。将来、なでしこジャパンになくてはならない貴重な戦力になるはずです。ガーナ戦も含め、チャンスを活かして思い切りアピールしてもらいたいです。

 13日(土)のガーナ戦は、岩清水選手が「アフリカ勢とはなかなか戦うことがないですから、いろんなタイプのチームと戦うという意味でも、それぞれの選手がレベルアップする意味でも、いい機会になる」と話していたとおり、貴重な一戦。来年のワールドカップへ向けてチーム力をアップさせるためにも、重要な試合です。

「女子サッカー人気をさらに盛り上げていくためにも、勝利して活躍し続けなければいけない」と覚悟を語ってくれた岩清水選手らなでしこジャパンが、どんな戦いを見せてくれるのか楽しみです!

■プロフィール
竹内由恵(たけうち・よしえ)
東京都出身。テレビ朝日アナウンサー。2008年入社。
現在の担当番組は『報道 ステーションSUNDAY』(日/10時〜11時45分)、
『やべっちF.C.』(日/24時10〜24時45分)、
『〜世界にひとつ〜ミラクルレシピ!』(土/18時30分〜18時56分)、
スポーツ中継各種