給料半分貯金で生活がギリギリになった女性(27歳)に議論白熱「どうしてそんなことに?」

写真拡大

将来のことを考えるとお金が入り用ですよね。必要な資金はためておくに限ります。ところが貯めすぎて困ることもあるようで、「girls talk(http://www.ca-girlstalk.jp/)」のある投稿が話題になっています。質問主はエイミーさん、その悩みは「毎月お給料の半分を貯金して生活がギリギリになってしまいました」というもの。

■「キツイけど、ためたいなら我慢するしかないんでしょうかね?」(女性・27歳)

質問主の女性は彼氏と同棲中。結婚資金や車の購入、今後の生活のために自分のお給料の半分を毎月貯金することにしました。ハワイでの挙式を希望しているのもあって、思い切った額を貯金に回しました。

とはいえ、悩みがあるもよう。貯金をがんばるあまり、給料が入ったばかりだというのに現金を使い果たし、食料はお米まで尽きることに。さすがにキツさを感じたエイミーさんは、自分が毎月使っているお金の内訳を示してアドバイスを求めました。

■どうしてそんなことに!?

・「食費二人で3万円?! すごい節約家ですね。素晴らしい。じゃあなんでなくなるんだろ……?」(女性/28歳)

・「なんか面白くなさそうな生活だなあ。私は月10万円貯金していて、節約すればあと5万円はいけるかなって感じだけど、今の日常も楽しみたいからカツカツな生活はしないことにしてる」(女性/36歳)

・「半分貯金が多すぎるのでは? 楽しみがまったくないとつまらないでしょ? まだ若いのに……」(女性/37歳)

質問主の窮状を不思議に思う意見が多く見られました。決して給料が少ないわけではないといいますが、貯金をするあまり今の生活が楽しめないようでは気の毒ですね。

■使っている金額の把握を!

・「お給料の半分を貯金するのなら、もっと計画的にお金を使えばいいのに」(女性/24歳)

・「月々、何にいくら使うか決めてますか? ある程度の割合を決めていれば、お給料が入ってきてすぐに現金がなくなるということは防げると思うんです」(女性/24歳)

・「家計簿をつけていますか? スマホを使っているなら家計簿アプリがありますし、何にいくらお金を使っているか把握する。把握して削れる所があるか見直してみる」(女性/32歳)

生活が苦しいようならまず何にいくらお金を使っているか把握することが大切です。具体的に何が家計を圧迫しているのかわかっておきたいですね。その上でムダをなくすことが可能です。

質問主は生まれてから今まで「欲しいものは買え」的な環境で育ったそうで、ショッピングが趣味でした。預金額を見るのが楽しくそれ自体苦ではないようですが、改善点はありそうですね。

■ムダを削る!

・「化粧品、携帯、食費。化粧品なんて毎月買わないでしょ? 買ってるなら一番のムダ。食費やや高いかな。できあいのものとかで済ませてませんか? ムダな買い物してませんか? 消費期限切らして捨ててませんか?」(女性)

・「大人2人で月3万円の食費は高い気がします。わが家は大人2人子ども2人で3万円も使わないです」(女性/32歳)

・「基礎化粧品をいいの使っていたり、エステに行ったり、携帯代の通話料が高かったり、たまに買う服はブランドだったりをナチュラルにしていませんか? 基礎化粧品は値段が安くて質のいいものを使って我慢したりするようですよ」(女性/35歳)

・「服代、化粧品代って、毎月いりますか? そのへんを削ってもう少し気持ち的に余裕の出るものにお金を使った方が、心が豊かに生活できる気がします」(女性/28歳)

質問主の提示した携帯や衣類、食費、化粧品に対する意見が多数寄せられました。食生活が成り立たないようならそれ以外の項目を削っていくしかないのかも。食べられなくては体を壊しそうです。

■貯金を再考する!

・「貯金額を抜いた収入を月の収入と考えて生活する。その額の設定に無理があるなら少し考え直してもいいかもしれませんが、生活できてるならいいんじゃありませんか?」(女性/44歳)

・「彼の給料と合わせて半分貯金にしたらどうですか?」(女性/30歳)

・「貯金の方法に個人年金や外貨預金や投資信託もあるよ。ほったらかしにしとけばいいし、定年後の足しになるからやってみたら?」(女性/33歳)

生活できているならそれで……という穏健派もいれば、質問主ばかりが貯金するのはおかしいという意見も。また、無理のないプランを考えるなら銀行を頼ってもいいかもしれませんね。

白熱した議論になりましたが、女性たちは貯金自体は評価している様子。ただ、食費にあてられないほど家計を圧迫する出費には厳しい目を向けました。みなさん節約してるんですね……。さすがです。

冒頭の質問は、質問主が給料半分生活を続けるなら生活費の見直し、もしくは貯金額を見直すという結論に落ち着きそうです。質問主が無事に挙式を挙げられることを願っています!

引用元:http://www.ca-girlstalk.jp/talk/detail/456074

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)