AR(拡張現実)の技術を使った

写真拡大

ぺんてるは2014年9月10日、ペンで書きこんだ専用カードにスマートフォンやタブレットでかざすと動き出す、AR(拡張現実)の技術を使った「カクトAR」を発売した。

10月から限定無料配布も

「カクトAR」は、専用カードに書いたメッセージや彩色したイラストが、専用アプリを通すと動き出して見える「驚きを贈るグリーティングカードサービス」。専用カード用画像をウェブサイトからダウンロードして印刷して、グリーティングカードや年賀状に利用することができる。

スマホやタブレットでアプリを立ち上げ、専用カードにかざすと、画面にCGアニメーションが合成され、自分で描いたものやメッセージなどがそのままのイメージで飛び出し、コミカルに動き出す。

専用カードはホームページからダウンロードし、はがきなどに印刷する。付属のシリアル番号でアクセスできるページには、年賀状など複数の専用カード画像がある。

ラインアップは、15年の年賀状用として3つの専用カードとコンテンツで、価格は500円(税別)。

なお、ハロウィン用グリーディングカードが10月初旬から店頭で、10万枚限定で無料配布される。