isleaked.com

写真拡大

Gmailアドレス500万件が漏洩し、それに自分のアドレスは大丈夫かと心配になっている人も居るだろう。今や携帯メール代わりやビジネス、メインのメールとして使っている人もかなり多いはず。そんなGmailのメールアドレスとパスワードが流出し勝手にログインされたらたまったものではない。

それをチェックするためのサイト『isleaked.com』というのが公開されたのだが、そのサイトが怪しいと世界中のサイトで言われている。当初リンクを貼っていたライフハッカーもリンクを外し、中国のメディアもこのサイトを使わないように警告している。

Gmail漏洩とこのサイトの立ち上がりのタイミングが良すぎるためこのサイトそのものが怪しいと言われる要因である。

そもそも日本ユーザーは今回の漏洩にはあまり関係なく、漏洩したアカウントは英語、ロシア語、スペイン語のユーザーの500万件。
どうしても不安な人はパスワードを変更するなどの対策してみてはどうだろうか。

普段からインターネットやっていて、こんなサイトにメアド入力する人なんていないよねえ……。

『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』どっちにするか迷ってる人の10のチェック項目
http://getnews.jp/archives/666185


※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。