「水の怪獣」ウーパールーパーが絶滅の危機 研究者らも警鐘

ざっくり言うと

  • 「水の怪獣」と呼ばれていたウーパールーパーが現在、絶滅の危機にある
  • 研究者らも警鐘を鳴らしており、メキシコ市では保護活動に力が注がれている
  • 1996年には1平方キロあたり、1000匹も生息していたが、0.3匹まで激減した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング