朝日新聞社長が「吉田調書」報道の誤り認め謝罪、速やかに進退決断へ

ざっくり言うと

  • 朝日新聞は11日、吉田調書をめぐり本社で記者会見を実施
  • 木村社長は「所長命令に違反、原発撤退」と報じた記事の誤りを認め謝罪した
  • 自らの進退は「編集部門の抜本的改革を行なったのちに判断する」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング