写真提供:マイナビニュース

写真拡大

村田製作所は9月9日、LED照明機器における電源ラインからの放射ノイズを除去する用途特化型ノイズフィルタ「NFZ_B」シリーズに、小型で積層タイプの「NFZ2HBM」シリーズを追加したと発表した。

近年、LED照明機器から発生するノイズがテレビやラジオの受信障害を引き起こすなどの問題が報告されており、ノイズ対策の必要性が高まっている。すでに巻線タイプの「NFZ32BW」シリーズなどが商品化されているが、低価格化の要求が高まっている。そこで今回、小型で積層タイプの低価格品をラインアップしたという。

同製品は、LED照明機器用ノイズ対策部品「NFZ_B」シリーズにおいて、最小サイズである。小型でありながら、低直流抵抗を実現している他、積層タイプのため低価格となっている。また、放射ノイズ抑制帯域の異なる10品番を取り揃えており、使用される回路ごとに最適な放射ノイズ抑制効果を得ることができる。さらに、実装はフロー/リフローの両方式ともに対応可能となっている。なお、すでに量産を開始している。