写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニー生命保険は9月11日、「シニアの生活意識調査2014」の結果を発表した。調査は7月11日〜13日、全国のシニア(50〜79歳の男女)1,000人を対象にインターネットリサーチで実施された。

○年をとったなと思うとき1位は「小さな文字が見づらい」

どのようなときに「自分がシニアになったな(年をとったな)」と思うか聞いたところ、「小さな文字が見づらくなったとき」(56.1%)が最も多く、僅差で「人やモノの名前がなかなか出てこないとき」(54.8%)が続き、以下「白髪が増えたと感じたとき」(48.2%)、「運動の際に思ったよりも体が動かなかったとき」(41.0%)、「シワが増えたと感じたとき」(30.3%)、「髪のボリュームが減ったと感じたとき」(28.1%)の順で続いた。身体の衰えや外見の変化によって年をとったことを感じるシニアが多いようだ。

男女別にみると、身体の衰えによって自覚をするのは女性よりも男性のようで、「運動の際に思ったよりも体が動かなかったとき」は女性の33.0%に対し、男性では49.0%と半数になった。一方、外見の変化によって自覚をするのは男性よりも女性のようで、「白髪が増えたと感じたとき」(男性40.0%、女性56.4%)や「シワが増えたと感じたとき」(男性20.2%、女性40.4%)、「髪のボリュームが減ったと感じたとき」(男性24.2%、女性32.0%)では女性のほうが高くなった。

○シニア女性からモテるのは「オシャレな服装」や「豊富な文芸知識」!?

どのようなシニアがカッコいいと思うか聞いたところ、「社会のマナーやルールを守れる」(49.9%)が最も多く、次いで、「威張っていない」(47.8%)、「服装がオシャレ」(35.8%)、「パートナーに対して優しい」(32.6%)、「お店での店員さんへの接し方がスマート」(29.2%)が続いた。ファッションだけではなく、社会や人との接し方でもカッコよさを判断するシニアが多いようだ。

また、「高い志や社会貢献意識を持っている」(26.8%)や「文学や絵画などの知識が豊富」(26.0%)も4人に1人がカッコいいシニア像として挙げた。

男女別にみると、「服装がオシャレ」(男性27.8%、女性43.8%)や「お店での店員さんへの接し方がスマート」(男性23.2%、女性35.2%)、「文学や絵画などの知識が豊富」(男性19.0%、女性33.0%)では、男性よりも女性のほうがカッコいいシニア像として挙げた割合が高くなった。他方、「リーダーシップを発揮している」では、女性(7.2%)に比べ男性(12.6%)のほうが高かった。