「スポーツの秋」の華麗な女子テニスの祭典、東レ パン パシフィック オープンテニス2014(東レPPO)が間もなく開幕する(予選9月13日〜15日、本戦15日〜21日。東京・有明コロシアム、有明テニスの森公園コート)。

 1984年にアジア最大の国際女子公式戦として始まった東レPPO。今年はシングルス28ドロー、ダブルス16ドローでの戦いに、自己最高位が世界ランク1位になったことのある4選手を含めて、世界トップクラスの選手が集結する。

 優勝候補の筆頭にまず挙げられるのは、8日付の最新ランクで9位となってトップ10に返り咲いたキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と、出場選手中ランクトップのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)の2人だろう。

 全米オープンで決勝まで勝ち進んだウォズニアッキは、セリーナ・ウィリアムズに敗れて準優勝に終わったが、調子は上向き。2010年10月に世界1位になった頃のような躍動感のあるプレイを取り戻してきた感がある。当時、世界ナンバーワンながら四大大会の優勝がなかったことで「無冠の女王」と呼ばれ、悔しい思いをした経験を持つ。全米はその名誉挽回のチャンスだったが、またしても阻まれた。その悔しさをこの東レPPOでぶつけてくるはずだ。2010年大会の覇者が2度目のタイトルに挑む。

 世界8位で昨年準優勝のケルバーは今季、コンスタントに勝ち星を上げ、四大大会ではウィンブルドンベスト8、全豪と全仏でベスト16の好成績を挙げた。全米では3回戦で敗退したが、常にトップ10をキープする活躍を見せている。自己最高位は2012年10月の5位になる。左利きから繰り出す角度のついたカウンターショットが武器。がっちりした上半身と抜群のフットワークの持ち主で、タフな戦いにも負けない精神力を発揮して見せる。東レPPOでは初優勝を虎視眈々と狙っている。

 この2人に対抗するのは、世界10位のアナ・イバノビッチと同11位のエレナ・ヤンコビッチのセルビア勢、そして同24位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)の元世界1位の3人か。

 美人プレイヤーとして人気のイバノビッチだが、ここ数年はランキングを見ても浮き沈みの激しい戦いを強いられてきた。2008年に20歳で全仏に初優勝、世界1位の座に就いて一躍世界のトップスターになった彼女も26歳。今年は全豪でS・ウィリアムズを撃破してのベスト8と好スタートを切り、ランキングでもトップ10に返り咲くなど、調子を取り戻しつつある。高い打点から繰り出すフォアや深く鋭いバックハンドなどショットの破壊力は申し分ない。

 ヤンコビッチもイバノビッチ同様に2008年シーズンに飛躍した選手で、同年8月に世界1位になると、その年の最終ランクを1位で終える活躍を見せた。今年の四大大会では全豪と全仏、全米の3大会でベスト16入り。東レPPO出場の常連で、2009年大会で準優勝している。堅実な攻守を見せ、チャンスにはカウンターで思い切りのいいプレイを繰り出すなど、ゲームメークの面白さが堪能できる試合巧者だ。

 ジュニア時代から次代の女王候補として注目されたアザレンカは、2012年1月に世界1位になり、その年の最終ランクでもナンバーワンのまま終了。2012年と13年は全豪で2連覇を達成、全米でも2年連続準優勝するなど、昨年までの2年間の活躍は目覚しく、13年の最終ランクは世界2位だった。今年に入ってから調子を落とし、全米でもベスト8で終わっただけに、東レPPOで今季初タイトルを獲得、世界女王の座奪還へ浮上のきっかけを掴みたいところだ。

 過酷なツアーで最年長プレイヤーとして気を吐くクルム伊達公子の奮闘も見逃せない。全米のダブルスではベスト4の活躍を見せ、健在ぶりをアピールした。再チャレンジから7シーズン目を迎えた大ベテランはまだまだ元気で、世界86位とトップ100をキープする。ゲームの流れを読んで、多彩なショットでプレイを組み立てるクレバーなテニスは観戦していて面白い。今年もワイルドカードの出場となるが、日本のファンはそのプレイを1回でも多く見たいと思うはず。一回り以上も違う若い選手たちを、43歳のクルム伊達が地元で次々と撃破することを期待したい。 

 だが今大会、注目度ナンバーワンの日本人選手といえば22歳の奈良くるみと言っていい。今年は全豪で3回戦に進むなど、自己最高ランキングを更新し続けると同時に、トップ選手と対戦する機会が増えて大きな成長を遂げた。2月のリオオープン(ブラジル)で嬉しいツアー初タイトルを獲得。全仏、ウィンブルドンでも初戦を突破し、昨年の最終ランク76位から、30位台に乗せている。

 2回戦で敗退した全米後の最新ランクでは世界37位。日本女子のエースとして世界の舞台で活躍できる実力をつけたことは間違いない。155センチと小柄ながら鍛え上げた身体からほとばしるエネルギーと、コートを縦横無尽に駆け回るそのプレイは必見。今季、成長著しい奈良のプレイが間近で見られるのは東レPPOが初めてとなる。その躍動ぶりをぜひ、体感して欲しい。

 さらに今大会には海外の有望な若手選手も出場する。19歳のマディソン・キーズ (世界28位=アメリカ)、22歳のカミラ・ジョルジ(同42位=イタリア)。そし て全米ベスト8に残った17歳のベリンダ・ベンチッチ(33位=スイス)が本戦ワ イルドカードに決定した。彼女たちに注目してみると、女子テニス界の未来が垣 間見えるかもしれない。

 また、東レPPOでは大会期間中に様々なイベントが行なわれる。中でも、シングルス決勝戦終了後に行なわれるエキシビションマッチは、同大会史上で伝説を残した選手による初のレジェンドマッチとなる。対戦カードは、大会最多となる5回の優勝を誇るマルチナ・ヒンギス(34=スイス)と、第1回大会で初代女王に輝いたマヌエラ・マレーバ(47=ブルガリア)だ。東レPPOの歴史を象徴する2人の戦いはどうなるか。本戦とはまた違った楽しみな一戦になりそうだ。

辛仁夏●文 text by Synn Yinha