『iPhone 6』、『iPhone 6 Plus』

写真拡大

9日の深夜に発表されたアップルの新スマートフォン『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』。どちらも今までより液晶が大きくなっており4.7インチと5.5インチとなっている。
しかし画面が大きい方が良いのか、それよりも片手で使い勝手の良い小さい方が良いのか迷うところ。また『iPhone 6 Plus』には光学手ぶれ補正機能やキーボードにコピー、カット、ペースト機能なども備わっているという『iPhone 6』との違いもある。
そんなわけで1000人を対象にアンケートを採ってみた。その結果は次の通り。

「iPhone6」(4.7インチ)と「iPhone6Plus」(5.5インチ)が発表されましたが皆さんはどちらを買いますか?

・iPhone 657(5.7%)
・iPhone 6 Plus75(7.5%)
・両方買う65(6.5%)
・どちらも買わない630(63%)
・様子見173(17.3%)

最も多い答えは「どちらも買わない」という回答。今のiPhoneで満足しているユーザーも多いようである。次いでは「様子見」である。しばらく様子を見て評判を聞いてから購入検討するという回答。3番目は『iPhone 6 Plus』という回答。意外にも『iPhone 6』よりも多かった。
さすがにダブルスコアとまでは行かなかったが、『iPhone 6 Plus』の方が魅力的に映った人が多かったようだ。

そんなアンケートのコメントは次の通り。

・そのうちipadの大きさを追い抜く?
・ゲーム作ってる身からすると、突然スペック変えるのはやめてほしい(;´Д`A
・どうせ国内でおサイフ出来ないんで、ゆっくり変えます。年末辺りかな?
・3.5インチも再度出せ
・S待ち

このような意見が挙がっている。ちなみに5.5インチの持ちやすさは決して「もちやすい」とは言えるものではない。これは両手操作前提だろう。

「iPhone6」(4.7インチ)と「iPhone6Plus」(5.5インチ)が発表されましたが皆さんはどちらを買いますか?
http://find.moritapo.jp/enq/result.php/81968


※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。