ビヨンセ、MTVビデオ・ミュージック・アワードで最多受賞

写真拡大

 ビヨンセが本年度のMTVビデオ・ミュージック・アワード(VMAs)で最多受賞を果たした。

愛娘ブルーアイビーちゃんも壇上に

 ビヨンセは24日(日)に開催された毎年恒例の同式典で、特別賞をはじめ、『プリティ・ハーツ』でソーシャルメッセージビデオ賞と最優秀撮影賞を個人で獲得したほか、夫のジェイ・Zとコラボ曲『ドランク・イン・ラブ』では共同で最優秀コラボレーション賞を手にした。ビヨンセは最新作のセルフタイトルのアルバム収録曲をメドレーで披露した後、特別賞受賞の際にはジェイとキスを交わし、愛娘ブルーアイビーちゃんも壇上に姿を見せ、「イェイ、マミー!」と呼びかけるなど愛らしい一幕もあった。

 そのほか、同式典ではマイリー・サイラスが『レッキング・ボール』で最優秀ビデオ賞、ドレイクとマジード・ジョーダンがヒット曲『ホールド・オン(ウィア・ゴーイング・ホーム)』で最優秀ヒップホップ・ビデオ賞を受賞している。

 同式典では、アリアナ・グランデ、ジェシー・J、ニッキー・ミナージュがコラボ曲『バン・バン』を披露したが、ニッキーはパフォーマンスの後半にさしかかると、もう少しで服がはだけてポロリとなる寸前というハプニングもあった。

Written&Photo by bangshowbiz