どんどん便利になるペン型3Dプリンター「3Doodler」:新アクセサリー登場

写真拡大

ペン型3Dプリンター「3Doodler」向けの新しいアクセサリーが3種類発表された。このペンで小型ドローンを自作する動画も紹介。

「どんどん便利になるペン型3Dプリンター「3Doodler」:新アクセサリー登場」の写真・リンク付きの記事はこちら

ペン先から出た途端に固まる特殊な樹脂の「インク」を使って、3次元の立体を「描く」ことができるペン型3Dプリンター「3Doodler」は2013年2月、支援サイト「Kickstarter」で大成功を収めた」(日本語版記事)。

現在、3Doodlerの販売数は全世界で100,000本を超えており、製作に使える色は46色にまで拡大している(日本の公式サイト販売ページはこちら。本体16,000円)

今回、その使い勝手を向上させるアクセサリーが3種類発表された。

1つ目は専用スタンドだ。3Doodlerをしっかりと支えるので、手が震えがちな人も、直線やテンプレートに沿った線を引きやすくなる(以下の動画)。3本足のスタンドには、3Doodlerと同様に2個のボタンがついており、ペンからプラスティック・フィラメントを出すスピードを簡単に制御できる(以下の動画)。

TAG

3D Printing3DoodlerDIYDroneMaker MovementVideoWiredUK

2つ目はフットペダル。通常と違う角度で持ったペンをコントロールしやすくして、創造性を拡大しようというものだ。フットペダルを使うことでペンの握り方の幅が広がり、3Doodlerで真上から描いたり、下の方を描いたりする際にできることが拡大する。

そして最後は、溶けたプラスティック・フィラメントを押し出すときの形を変えるための複数のノズル(三角やリボン状など)と、それを装着するためのコンテナだ。

コンテナはドライヴァーのハンドルに似た形状をしているが、それには理由がある。ノズルはねじ込む必要があり、そのための脱着ツールを兼ねているのだ。

※以下は、ペン型3Dプリンターでミニドローンを作成した動画。

TAG

3D Printing3DoodlerDIYDroneMaker MovementVideoWiredUK