『昼顔〜平日午後3時の恋人たち 〜Another End』
脚本・井上由美子 ノベライズ・百瀬しのぶ/扶桑社
ドラマとは違ったラストになるそうです 気になりますね
9月20日発売

写真拡大

盛り上がってますね、「昼顔〜平日午後3時の恋人たち」(フジテレビ木曜22時〜)。
平日午後3時〜5時くらいまでの、秘密の遊び感覚だったときは、かわいいものでしたが、奥さんや旦那さんにバレたら、ドロドロと重たい話になって参りました。9月4日放送の8話の冒頭なんて、
「どっちから誘ったの?」と、理科教師・北野(斎藤工)の妻・乃里子(伊藤歩)が、いきなり詰め寄ったーーかと思いきや、紗和(上戸彩)と旦那・俊介(鈴木浩介)とのなれそめに関する質問だったという、コントみたいな展開で幕を開けましたが、まんまとドキドキしちゃいました。

8話は、こんふうにドキ!とさせて、ホッとさせて、また、ドキ! とさせることの繰り返しで、乃里子は、無邪気にふるまいながらも、実は紗和と北野のことを疑っていて、周辺取材をし、証拠をつかみながら、徐々に包囲網を縮め、紗和と北野を追いつめていきます。さすが、才女。隙がないです。
そして、ついに、8話の終わりでは、紗和と北野が会っている場にやってきて、紗和を、「この泥棒猫!」と言いそうな勢いで(さすがに言わなかった)どつく。さすが、勝ち組女子。攻め時を知っています。

紗和と北野のこっそり逢瀬の場所が、図書館というシチュエーションも雰囲気ありました。本棚越しに秘密の会話をし(刑事ドラマみたい)、手を握り合うなんて。このもどかしさ感がたまらない。「昼顔」はほんとうに、道具の使い方がうまいです。で、また、北野が、自分たちの恋の辛さを、昆虫と人間の痛覚の違いに例えているところが、「らしく」て、ふふ、と微笑んでしまいました。

紗和と北野は、崖っぷちですが、利佳子(吉瀬美智子)は家を出て、加藤(北村一輝)の貧乏アトリエで一緒に暮らし始めてしまいます。北村一輝が、いきなり食卓に四つん這いになってあがり、まるで虎のように向かい合って座っていた吉瀬美智子に近づき、貪るようなキスをするというシチュエーションプレーに、きゃあとなった人も多かったのではないでしょうか。あと、髪結いの亭主みたいな、加藤の髪の毛を利佳子が切るシーンも憧れ心をくすぐられました。

散髪する利佳子の、真っ白なTシャツとショートパンツのさっぱり感が、貧乏でも幸福という感じを表しているようでしたが、お金がない生活は大変のようで、夜の商売の募集広告に気をとられてしまいます。
しかも、加藤、実はバツイチで、前の奥さんは、彼の才能に惹かれ、親の反対を押し切って結婚したものの、貧乏が耐えられなくて彼のもとを去ったという、絵に描いたような過去が語られました。
しかも、その奥さん、利佳子の旦那・滝川(木下ほうか)に呼ばれて登場してしまうし・・・。

まだまだ、盛り上がりそうな「昼顔」です。

さて、今回は、今まで、気になっていながら、なかなか言及できなかった、俊介の部下・長谷川美鈴(木南晴夏)について考えたいと思います。
この女、かなりやばいです。
会社で俊介に接近し、思わせぶりに迫ってきて、キスまではしてしまっています。エレベーターで強引に。
2話で彼女は「わたし既婚者が好きなんです。結婚考えなくていいから楽なんです」と言っていました。つまり、既婚者ハンター! 俊介がそのターゲットになってしまったわけです。
俊介も、若い部下に好かれることにはまんざらではないようで、はっきりNOと言わないためにつけこまれ、ついには、俊介の母・慶子(高畑淳子)に、不貞を疑われてしまいます。
8話では、乃里子にも、俊介と美鈴が一緒のところを目撃されてしまいました。
美鈴、何がしたいのか、いまいち目的がわかりません。
なぜ、俊介の母にまで挨拶しちゃうのか。(「これからも誘いますね」っていったいどういうアピールなの!)。
「だったら、ちゃんと私をみてください。でなきゃ部長にいいますよ」と俊介に迫る台詞も、わけがわからない。自分が勝手に迫っていたのに被害者ぶるのか。
実は、俊介が好きで、「結婚したくない」というのは作戦だったのでしょうか? 
サイコパスにも近いのでは? というこわい既婚者ハンターを、木南晴夏がかわいい愛玩動物の視線と、恨みがましい女の視線とが、絶妙に混ざった上目遣いを駆使して、演じています。

美鈴のようなやばい女が、7〜9月期のドラマには何人かいて、盛りあげました。ちょっと、振り返ってみます。

まず、先週最終回を迎えたTBSの「家族狩り」では、妊娠したふりをして結婚を迫る女・美帆(山口紗弥加)。ほぼ強引に、男(伊藤淳史)に迫り、周辺に関係をアピールし、外堀を埋めていき、逃げられないようにしてしまう。ライバル(松雪泰子)が現れたら牽制。でも結局、無理そうかなと思ったら、さっさと別の男に乗り換える変わり身の早さを見せました。

次に、「昼顔」と同じフジテレビの「若者たち2014」(水曜22時〜)の香澄(橋本愛)。
最初、予備校で知り合った旦(野村周平)を巧みにホテルにつれこみ、酔わせて、記憶を失わせたあと、自分で撮った裸の写真を見せて、妊娠したかもとお金をせびろうとします。
その後、その旦とつきあうも、彼の兄・陽(柄本祐)に惹かれ内緒でつきあいはじめ、旦を精神的に追いつめますが、逃げの一手を決め込みます。逆上した旦に、彼女の裸の写真でリベンジポルノされ、悲劇のヒロインになってしまいます。冷静に考えたら、香澄にもかなり問題があるわけで。にも関わらず、自分が責められない流れにもっていってしまう、そんな才能がそらおそろしいです。

主人公・旭(妻夫木聡)と結婚した梓(蒼井優)も、子供ができにくい体質と嘘をつき、出来ちゃった結婚に持ち込みました。それ以外はとっても頼りがいのある奥さんなのですが、そもそもの嘘は、ありなのでしょうか・・・。

また、「ペテロの葬列」(TBS月曜9時〜)の、間野京子(長谷川京子)も、原作とは違う設定で、経歴に偽りばかりで何かあるのでは? と匂わせていますが、さて、彼女も、今期ドラマのやばい女のひとりになるでしょうか?

でも、やっぱり、なによりも「昼顔」の既婚者ハンター・美鈴の今後の行動が気になります。紗和は、美鈴と俊介が不倫していたほうが、罪悪感を抱かずに済むと思っているようなので、紗和と北野の恋のバックアップになったりして? 
寝取られ妻・乃里子の逆襲も気になる9話です。 
(木俣冬)