アーティストは自分を守るために何ができるのか:シェパード・フェアリー、ヘネシーとの挑戦

写真拡大

常に刺激的であること。新しくあること。「進化」についてそう定義するグラフィティ・アーティスト、シェパード・フェアリー。彼が「伝統ある」ブランド、ヘネシーとのコラボレーションに見出したものとは。

シェパード・フェアリー | SHEPARD FAIREY
アーティストにしてアクティヴィスト。米国史上初の黒人大統領を生んだ2008年の米大統領選では、彼の手がけたグラフィックが大きな役割を果たした。このたび、ヘネシーのボトルデザインを手がけた。

「アーティストは自分を守るために何ができるのか:シェパード・フェアリー、ヘネシーとの挑戦」の写真・リンク付きの記事はこちら

自身の作品を守ること、自身の生活を守ること。アーティストたちが抱える問題は古今を問わず、つねに変わらない。むしろデジタル化が進むいま、自身の作品の著作権を管理するとともに、発表の場をいかに自分の手でつくり出していくかが問われている。

ストリートアートの巨匠シェパード・フェアリーが、ヘネシーとのコラボレーションのため来日を果たした。「アーティストが絵を描くだけで食べていくのは大変で、現実的じゃない」と語る彼との対話から見えてきたのは、まさにその課題を解決するための、アーティストの立ち振る舞い方だ。


──いまあなたは、作品づくりだけでなく、ファッションブランドも展開していますね。

Tシャツだけでなく、アルバムのアートワークなんかもやっているけれど、すべて同じメンタリティで取り組んでいる。というのも、アートというのは、なるべくたくさんの人がアクセスできるべきだと考えているんだ。

ぼくは自分のことをストリートアーティストであると同時に、政治的なメッセージを発信するアクティヴストだと思っている。それらすべてが同じ哲学でつながっているように、ファッションもつながっている。ファッションブランドを通じたチャリティ活動も含め、すべて、ぼくのアートワークの延長なんだ。誰しも朝起きたとき、さあ今日はなにを着ようかって考えるだろう? ファッションブランドとして発信することで、ほかのアート作品を知ってもらうきっかけになる。ファッションは“メディア”なのかもしれないね。

──では、インターネットはどうでしょう。メディアになりえますか?

インターネットはものすごく大きな力を与えてくれたと思う。つくった作品をすぐに共有できて、オーディエンスと直接つながれる。同時に、自分をより「インデペンデント」にしてくれる。

──インデペンデント、ですか。

そう。ネット以前は、自分の作品を売ろうと思ったら、必ずそこには仲介者がいて、支払いなどの面倒なプロセスが必要だった。でも、1998年から自分のウェブサイトでeコマースをスタートさせた。自分の人生を変えるようなことだったと感じている。インターネットは、リサーチをするのにも便利だしね。

でもぼくは、ネット上での活動にはリスクもあると思う。自分がストリートに描いた絵を、誰かが写真に撮ってネット上にアップする。それ自体は別にかまわないのだけど、一日中PCの前に座って動かずにいては、現実と乖離してしまう。

──インターネットはストリートを代替する存在にはならないのでしょうか。

ならない、と思う。インターネットがもっている民主主義的な要素には賛成するのだけど。でも、反論できない相手であってもいくらでも言いたいことを言えるのは、とても残酷なことだよね。ぼくはネットそのものについては、できるだけ自分の価値観を損なわない、生産的なやり方で使いたいし、マイナスな要素には荷担しないようにしている。



──ネット上に写真をアップされることに抵抗はありませんか?

コピーライトは尊重すべきだけど、その解釈はアーティストによって、企業によって異なるものじゃないかな。過去の作品を他人がどう扱うかを監視するのではなく、常に新しいものをつくっていきたいというのが、ぼくのスタンスだ。

たしかに100%同じものをつくってしまうのは問題外。でも、ちょっとデザインを変える、変換するという作業に、「侵害」という言葉は当てはまらないと思う。文化は常に、言葉もサイエンスも医学も芸術も文学も、先人たちが築いてきたもののうえに加えてつくってきたもの。

たしかにデジタルの世界では、コピーのしやすさという側面も生まれている。でも、古いもののことを心配するのではなく、常に新しいものをつくっていきたいという気概が大切だと思っている。

──新しいものをつくろうにも、生きづらい現状もありますが。

アーティストが絵を描くだけで食べていくのは大変で、現実的じゃない。絵を描きながら、ブランドとコラボレートすることで収入を得るのが、いま求められるひとつのやり方なのかもしれないね。

アーティストは、文字通り巨大な作品をつくりたくても、実際にはそれを飾るスペースがないことがよくある。だからブランドとコラボレーションが生まれる余地が出てくる。アーティストと企業との間に共通する哲学があれば、コラボレーションはうまくいく。今回のヘネシーとのコラボレーションでは、実際にコニャックのメゾンを訪れて心と心でつながろうとした。それに、ヘネシーはクリエーションに対して過度に声を出してくることもなかったしね。


ヘネシーというブランドがもつイメージは、ときに扇情的な「ストリートの革命家」としてのフェアリーの姿とは相反するようにさえ思える。が、彼が制作にあたってとったアプローチは、両者の間に意外なほどに多くの共通点を見出すことになったと言う。例えばそれは、ものづくりのプロセスに費やす、創作者の思いだ。

「わたしは試行錯誤して技法を編み出し、それらを洗練させてきました。より多くの技法を使えるようになれば、新しい作品ごとに自分が思い描くものを表現できるようになる。一方でヘネシーには、さまざまなオー・ド・ヴィー(原酒)を組み合わせ、理想の味を生み出す歴史がある。すべてがよく似ているのです」

その両者のありようは、問うべきメッセージを伝えるために必要なのは、裏づけのある力強さなのだということを教えてくれるようだ。

Hennessy V.S

1765年創業以来、フランス南西部コニャック地方に有するブドウ畑から世界最高品質のコニャックを生産しているヘネシー。「オー・ド・ヴィー」(命の水、の意)と呼ばれる幾種類もの原酒を厳正にブレンディングし、その優雅な味において常に“革新”を続けるブランドは近年、カルチャーをも“ブレンディング”している。これまでにも「KAWS」「FUTURA」「OS GEMEOS」といったトップクリエイターとのコラボレイションを実施。今回、数量限定で販売されているシェパード・フェアリーとのコラボレイションにおいては、フェアリー自身がDJを務めるパーティも実現した。「ヘネシーV.S」リミテッドエディション by SHEPARD FAIREY ¥3,800(数量限定発売中)