ASKA被告 「好きな人」と公言した愛人の栩内被告に決別宣言される

ざっくり言うと

  • ASKA被告が、愛人の栩内香澄美被告に完全決別宣言をされた
  • 栩内被告は、薬物の陽性反応について「第三者に混入された」と主張していた
  • それが第2回公判では「宮崎重明さん以外に考えられない」と改めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング