写真提供:マイナビニュース

写真拡大

鳥山明原作の人気アニメ『ドラゴンボールZ』に登場する人造人間16号が、バンダイのフィギュアシリーズ「S.H.Figuarts」にて立体化され、現在「プレミアムバンダイ」にて予約受付がスタートしている。

これまで『ドラゴンボールZ』や『ドラゴンボール改』からの「S.H.Figuarts」は、スーパーサイヤ人孫悟空、スーパーサイヤ人孫悟飯、スーパーサイヤ人ベジータ、トランクス、ピッコロ、クリリン、セル完全態、フリーザ最終形態などさまざまなキャラクターが立体化されているが、待望の人造人間16号がついにアクションフィギュア化。すでに発売済みの人造人間17号と人造人間18号(共に受注終了)と合わせて、劇中でZ戦士たちを苦しめた人造人間チームがそろい踏みとなる。

実際の『S.H.Figuarts 人造人間16号』では、「叫び顔」「微笑顔」「破損顔」などさまざまなシーンを再現できるフェイスパーツが豊富に付属。さらに、腕部は取り外して必殺の「ヘルズフラッシュ」を再現することもできる。全高は「人造人間17号」や「人造人間18号」よりもひとまわり大きい約175mm。セット内容は本体のほか、交換用手首左右各1種、交換用フェイスパーツ3種。

商品価格は5,940円(税込)で、予約締切は後日商品ページにてアナウンス。商品の発送は、2015年2月を予定している。

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション